ご挨拶


川内市医師会立市民病院
院長 石部 良平

当院のホームページにアクセス頂き、有り難うございます。
当病院は川内市医師会が地域社会とかかりつけ医の皆様が安心と信頼をお寄せ頂ける地域医療支援病院として平成5年4月に設立された急性期疾患を中心とした医療を行う病院です。
24時間の高次救急医療体制のもと、高度先進医療機器を備えて患者様の治療に当たっております。
一方で当院の施設は開放型となっており、地域医療機関と連携をとりながら、診療を行っております。 健康・医療・また介護のご相談などにも応じられる相談室も設けております。
職員一同、地域医療貢献の理念に燃えて、また病院サービスのより一層の向上を目指して頑張ってまいります。
何卒宜しくお願い申し上げます。

設立理念

  1. 24時間高次救急医療体制の確立
  2. 脳神経領域およびリハビリテーションの充実
  3. 開放型病院(共同利用型病院)
  4. 高度医療機器の設置

基本理念

私たちは、地域の中核病院として、
急性期医療を推進し、安全で信頼される医療を提供します。

基本方針

  1. 患者さんの権利を尊重し、信頼され満足される医療を目指します。
  2. 質の高い急性期医療を推進し、高次救急医療の確立を目指します。
  3. リハビリテーションを推進するとともに、回復期を含め、地域の医療関係機関と連携し、地域社会に貢献します。
  4. 職員が互いに尊重しあう職場作りを目指し、チーム医療の充実に努めます。

(財)日本医療機能評価機構認定証受領

当院は、平成25年10月4日付で(財)日本医療機能評価機構より病院機能評価の認定証の更新を受けました。

今回の更新認定取得に満足することなく、医療の質の向上に努めてまいります。

  • 認定期間:平成25年3月17日~平成30年3月16日
  • 交付日:平成25年10月4日
  • 認定病院種別:一般病院2
  • 認定番号:認定第GB371-3号

「日本医療機能評価機構」とは

医療の質の向上を図るために、病院を始めとする医療機関の機能を中立的な立場で評価し、問題点の改善を支援する第三者機関として設立されました。

第三者による評価の必要性

医療サービスは、医師、看護師等様々な専門の職員が多く携わっています。

医療の受け手である患者さんのニーズを踏まえつつ、質の高い医療を効率的に提供していくためには、医療機関の努力が最も重要です。そのためには、医療機関が自らの機能を評価するいわゆる自己評価が実施されていますが、こうした努力をさらに効果的なものとするためには、第三者による評価を導入する必要があります。 このために、当院も改善すべき問題点を明らかにし、それに対する的確な取り組みを可能とするために、日本医療機能評価機構による第三者評価を受けました。