設立

公益社団法人 川内市医師会

代表者 久留 敏弘

院長 石部 良平

平成5年4月1日 開院 220床

前身

川内市医師会中央病院 32床

昭和42年1月 九州で6番目、鹿児島県では最初の医師会病院として設立

目的

老朽化と高度医療に対応するため新築移転を決定しました。

  1. 24時間二次救急医療体制の確立
  2. 脳神経外科及びリハビリテーション施設の充実
  3. 高額医療機器を設置した共同利用施設

以上を設立理念に、市域の中核医療施設を目指します。

薩摩川内市街地より東へ6km
自然に囲まれた、閑静な環境に立地

地域医療支援病院として、地域の医療のレベルアップに貢献します。

沿革

1947年(昭和22) 川内市医師会設立
8月 臨床検査センター業務開始
11月 川内市医師会中央病院落成式
1947年(昭和22) 川内市医師会設立
1967年(昭和42) 1月 鹿児島県最初の医師会病院として川内市医師会中央病院 開院
1980年(昭和55) 12月 休日夜間救急センター・CT診療開始
1988年(昭和63) 4月 市民病院建設委員会設置
1990年(平成2) 4月 市民病院建設準備室設置
1992年(平成4) 10月 市民病院上棟式(於社会福祉協議会)
1993年(平成5) 3月 川内市医師会立市民病院へ移管の為閉院
4月 川内市医師会立市民病院 開院
今村農夫男 院長就任
付属施設として看護宿舎、院内保育所ちゅうりっぷ園開設
3階西病棟・ICU・3階東病棟オープン
5月 落成記念式(於サンアビリティー)
6月 4階東病棟オープン
ICU閉鎖
地域医療連携室オープン
1994年(平成6) 3月 4階西病棟オープン
4月 1周年記念式典
1995年(平成7) 2月 阪神大震災医療救護班派遣
4月 丸古臣苗 院長就任
1996年(平成8) 3月 実習棟新築工事
2000年(平成12) 1月 地域医療支援病院承認
6月 回復期リハビリ病棟開設(4階東病棟)
2001年(平成13) 3月 CT撮影装置をマルチスライスCTに更新
5月 MRI更新
10月 院外処方へ移行
回復期リハビリ病棟開設(3階西病棟)
2002年(平成14) 4月 地域リハビリテーション広域支援センターに指定
2003年(平成15) 3月 病院機能評価認定(Ver3.1)一般B認定
7月 回復期リハビリテーション病棟完成
8月 レストラン「カトレア」オープン
9月 感染症外来診察室増築
10周年記念式典・リハビリセンター落成式
リハビリセンター新築移転に伴い、病棟病床数と診療科の変更
 回復リハ:42床から44床
 3東・4西:43床へ
 3西・4東:42床へ
 病棟診療科再編成(主に4西、4東診療科入替)
2004年(平成16) 4月 亜急性期病室開設
2005年(平成17) 12月 感染病床(4床)増築:3階東病棟付設
2006年(平成18) 4月 医療安全管理室設置
専従医療安全管理者、専任院内感染管理者発令
6月 DPC対象病院へ移行
2007年(平成19) 5月 電子カルテ(医療情報システム)運用開始
地域医療連携室移動
2008年(平成20) 2月 脳卒中連携パス(BASパス)スタート
6月 病院機能評価認定(Ver5)
2009年(平成21) 3月 大型医療機器更新(CT・MRI・血管造影装置)
無菌調整室完成
カルテ庫増築
2010年(平成22) 1月 石部良平 院長就任
4階東病棟、特殊浴槽の更新
4月 一般病床16床ハイケアユニット入院医療管理料へ変更
6月 高規格救急車導入
11月 亜急性期の病室・病床数変更:総数20床から21床へ
3階東病棟(4床)を一般病床へ
3階西病棟(5床)を亜急性期病床へ
12月 鹿児島県がん診療指定病院認定
2011年(平成23) 5月 東日本大震災被災地へ医療支援チーム派遣
7月 一般病棟:冷蔵庫付床頭台・地デジ対応テレビ
回復病棟:地デジ対応テレビに変更
8月 急性心筋梗塞地域連携パススタート
全室へ時計の設置
自己血輸血認定取得による自己血輸血体制整備(外来:金曜日)
12月 物品管理をパソコン管理に移行:備品台帳ファイルの活用
ちゅうりっぷ園新築移転:65名まで保育可能
2012年(平成24) 4月 平成24年度診療報酬 急性期看護補助体制加算25対1取得
7月 外来トリアージ加算取得
地域医療連携室移動
がん地域連携パススタート
9月 売店移転
病院図書室移動
2013年(平成25) 4月 一般財団法人から公益社団法人へ
川内市医師会立市民病院開院20周年記念式典
7月 病院機能評価認定3rdG(Ver1.0)一般病院2受審
9月 非常用発電機増設
10月 九州厚生局適時調査
2014年(平成26) 4月 電子カルテシステム更新
SPD導入
6月 3階、4階使用済みリネン庫改修
8月 回復期病棟酸素・吸引器配管増設
回復期病棟個室の給湯器設置
9月 ナースコール更新
10月 病床再編:亜急性期病床制度変更の為、地域包括ケア病棟新設
看護必要度要件を勘案しHCU病床減少
HCU:4階東(4床)、地域包括ケア病棟(23床)、回復期病棟(44床)
7対1:143床(3階東43床、3階西19床、4階東38床、4階西43床)
11月 3階・4階渡り廊下改修
回復期病棟スプリンクラー設置
2015年(平成27) 2月 洗濯干場増設改修
10月 電子カルテバージョンアップ
11月 血管造影装置 アップグレード
4階東病棟特浴室、中央酸素配管
2016年(平成28) 3月 原子力災害対策屋内退避施設整備
3階東病棟陰圧個室設置
MRI ニューグレード
5月 熊本地震被災地へ医療支援チーム派遣
心臓リハビリテーション開始
2017年(平成29) 3月 大型医療機器更新(CT)
7月 3階西病棟を地域包括ケア病棟へ19床移行