現任教育

スタッフ一人ひとりの経験年数に合わせ、クリニカルラダーによるキャリア開発に向けた教育を行っています。

看護部教育委員会方針

地域の人々に質の高い看護を提供するために、看護職員の臨床能力および個々が看護の専門性を追求し、専門職としての責任と自覚を高められる研修の企画・運営を行う。

教育目的

全ての看護師が看護の対象に安全で安心と納得のできる看護を継続して提供できるために、専門職に必要な知識・技術を身につけ、人間豊かなチーム医療を提供する。

平成29年度 教育テーマ

『自主性・自律性の向上を図り、キャリアデザインを描ける』

院内教育の概念図

院内教育は、看護職として必要な基本的な姿勢・態度を土台に

  1. 看護実践能力
  2. 組織的役割遂行能力(マネジメント、人間関係)
  3. 自己教育、指導・研究能力の3つの能力を柱とし、キャリア開発ラダーの段階を追って深められるように構築している。

院外教育(研修)

院外教育は、日本看護協会主催の研修、鹿児島県看護協会主催の研修、その他企業が主催する研修などに主体的に参加できるように支援している。また、学会等については、発表者及び共同研究者が参加できるように支援し、自己研さんできる機会を提供している。

新人教育

厚生労働省が示した「新人看護職員研修ガイドライン」を参考に、基本的な看護実践能力を習得できる研修プログラムとしている。研修期間は概ね1年間とし、新人看護職員支援体制によって、病院全体で新人看護職員を教育・支援する体制を整えている。

クリニカルラダー

臨床看護師が経験を積みながら、看護師としての成長、発達してゆく過程の段階を、行動目標で示したもの。

クリニカルラダー評価表を活用することで、ここの看護師の臨床看護能力を伸ばし、キャリアを開発していくための指標とするもの。

目的
  1. クリニカルラダーは、臨床における個々の看護師の実践レベルを本人と指導者の両者によって評価し、個々の看護師の臨床看護能力の向上を目指し適切な動機づけ指導を行うための資料とする
  2. 個々の満足につなげる。

ポートフォリオ

目的
  1. 一人ひとりが自己のキャリアの記録を1つのファイルに整理する。
  2. これまでのキャリアプロセスや成果がわかり、自己の生涯学習目標の段階を把握することができる。
  3. ファイル管理することで、今までのキャリアプロセスを他者に提示でき、目標管理面接や自己アピールに活用することができる

中途採用者教育

目的

看護部オリエンテーション、配属先オリエンテーションを受け、技術チェックを行うことにより安全で安心な看護サービスの質を一定水準に確保する。

目標
  1. 川内市医師会立市民病院の理念、看護部の目標を理解し看護チームの一員としての自覚を持つ。
  2. 医療チームの中で看護の役割を知る。
  3. 看護業務が円滑に行えるための基本技術をマスターする。
  4. チームワークの大切さ、よりよい人間関係を保つことの大切さを知る。

看護部紹介