当科の特色

当科は平成5年の開院当初から、設立理念の一つに「リハビリテーションの充実」を掲げ、年々施設や人員の拡充を図ってまいりました。その結果、現在(平成30年4月現在)では58名のリハビリテーションスタッフを有する県内でも有数の施設となっております。
平成14年からは県から川薩圏域においてリハビリテーションの中核病院としての活動を期待され、『川薩圏域地域リハビリテーション広域支援センター』の指定を受けて、地域におけるリハビリテーションの啓発活動や支援を行っています。

主な対象疾患

総合リハビリテーション部の対象疾患は、脳神経外科・神経内科・整形外科・外科・呼吸科・循環器科・放射線科・がん疾患等、多岐に渡り、VFを利用した嚥下リハビリテーションや外来での小児のリハビリテーションにも対応しています。

診療体制

入院患者については、石部 良平 総合リハビリセンター長(兼 院長)の管理下、各科主治医の指示を直接受けて診療にあたっています。

診療方針

当院では主に急性期から回復期(主に前期)・包括ケアのリハビリテーションを行います。回復期リハビリテーション病棟では、「寝たきりを予防して、日常生活動作を改善し、家庭復帰」を、包括ケア病棟では「60日の入院期限内で、可能な限り早期の家庭復帰」を目指します。また最良のリハビリテーションを最短期間で行うのが当科の目標です。そのため各科の医師や総合リハビリテーション部を中心に多種のコメディカルスタッフとの協働で、高水準のリハビリテーション医療を提供します。また更なる継続リハビリテーションには、円滑な病診連携を支援します。(地域完結型リハビリテーション)

外来診療案内

毎週水曜日の午前中、医師による診療のみで、初診時には紹介状及び予約が必要です。
診察日・担当医師一覧

スタッフ

石部 良平(イシベ リョウヘイ) 院長兼リハビリセンター長

[指導医・専門医・認定医]

  • 日本外科学会指導医
  • 日本消化器外科学会指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定指導医
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
  • 日本医師会認定産業医

[所属学会]

  • 日本胸部外科学会
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本腹部救急学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会

土持 雅昭(ツチモチ マサアキ)

福岡大学 平成6年卒

[専門医]

  • 日本外科学会外科専門医

[所属学会]

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会
  • 理学療法士 28名
  • 作業療法士 20名
  • 言語聴覚士 10名
  • 看護師 1名(非常勤)
  • 助手 2名

診療実績

総合リハビリテーション部での各科ごとの実施件数と割合

(2017年4月1日~2018年3月31日)

2017年度実績と総単位の年度比較


その他の取り組み

  • 地域の医療・介護・療養施設等へのリハスタッフ派遣や研修生受け入れ
  • 各種教室(介護予防や転倒予防等)への講師(リハスタッフ)派遣
  • リハビリテーション専門職養成校の実習生受け入れ(県内のみならず沖縄~東京まで)
  • 地元中・高校生の職場体験受け入れ
  • 地域リハビリテーション広域支援センターに関する相談業務
  • 北薩リハフォーラムの開催(クオラリハビリテーション病院と出水総合医療センターとの共催)