診療指針

脳神経内科の関連の病気は非常に多く、主に脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。頭痛、めまい、意識がおかしい、手足に力が入らない、ふらふらして歩きにくい、手足がしびれる、物忘れ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、勝手に手足がふるえる、勝手に動くなどの症状がある方はまず脳神経内科を受診されると良いと思います。
具体的な疾患としては、主に脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血)、髄膜炎、脳炎、てんかん等の神経救急疾患に加え、パーキンソン病、認知症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、末梢神経障害、多発性硬化症、重症筋無力症、筋炎、頭位変換性めまい症といった様々な専門的疾患の診療を担当しております。神経救急疾患の患者さんに対して緊急に対応するため、当院では24時間365日救急患者受け入れ、常時検査受付が可能な態勢を敷いています。脳血管障害急性期の患者さんに対しては、迅速な検査、診断、治療を行う他、常駐しているPT(理学療法士)やOT(作業療法士)やST(言語療法士)による早期リハビリテーションを進めており、患者さんがスムーズに退院またはリハビリテーション病院に転院できるようにすることで、早期の家庭復帰、社会復帰を目指しています。その他の専門的疾患に対しても専門的な検査、診断、治療の他、常駐している医療相談員と連携して特定疾患申請、身体障害者申請等がスムーズに運ぶ様にサポートしています。
また、プライマリー・ケアの一環として、当院他科でカバーできない疾患や診断のつかない病態に対して、可能な限り診断につなげ、専門家へ繋ぐ役目も果たしていきます。

主な診療内容・診療対象疾患

頭痛

頭痛は最も多い症状の一つで誰でも一度は経験するものです。急に激しくおこる頭痛は、脳出血やくも膜下出血など危険な病気のこともあります。また、慢性的な肩こりが原因でおこる緊張型頭痛やズキズキする頭痛を発作的に繰り返す片頭痛などがあります。その他にもいろんな頭痛の原因があります。それぞれの原因ごとに治療法が違いますので、脳神経内科を受診する様にして下さい。

もの忘れ

年を取ると誰でも物忘れをしますが、最近急激に悪化した方は脳梗塞やアルツハイマー病などの可能性があります。治る病気の可能性もありますので、脳神経内科を受診する様にして下さい。

しびれ

手足がジンジンする様なしびれが持続する場合、脳の病気、脊髄の病気、末梢神経の病気などの可能性があります。診断のためにはいくつかの専門的な検査が必要な場合がありますので脳神経内科を受診する様にして下さい。

めまい

めまいにもいろいろなめまいがあります。天井がぐるぐる回転するもの、左右にふらふらするものなどです。耳鼻科で治療を必要とする様な内耳の病気からくる場合や脳梗塞や脳腫瘍などの脳の病気からくるめまいもあります。脳神経内科を受診して危険なめまいかどうか診断する必要があります。

勝手に手足が動く、震える

手足が震えたり、勝手に動いてしまう等の症状は神経の病気が考えられます。パーキンソン病や本態性振戦など治療可能な病気のことも多くみられます。原因は様々ですが脳神経内科では正確に診断し、それぞれにあった治療を行っております。

手足に力が入らない

手足に力が入らない場合は、体の半身だけの場合は脳梗塞や脳出血など脳の病気のことがあります。ゆっくり進行する場合は筋肉や末梢神経の病気のことが多く、両手足に力が入らない場合は脊髄の病気のこともあります。早期に診断できれば後遺症が少なくてすむ場合が多く、はやめに脳神経内科を受診して頂ければと思います。

ふらふらして歩きにくい、足がつっぱる

力は入るのだけどバランスがとれなくてまっすぐ歩けない、足がつっぱってスムーズに歩けないという様な時も神経の病気が考えられます。原因にもさまざまな物があり、いくつかの専門的な検査を行う必要がありますので脳神経内科を受診してみて下さい。

むせこむ、しゃべりにくい、飲み込みにくい

年を取るとものを食べたり、飲んだりしたときに気管に入ってしまい咳き込んでしまうことがあります。この様なむせこみがよくある様な場合はのどの動きが悪くなっていると考えられ、脳梗塞やパーキンソン病などの神経の病気が原因となっていることがあります。この場合も専門的な診察と検査が必要ですので、脳神経内科に御相談下さい。

ものが二重に見える

片目ではぼやけないが両目で見ると二重に見えるという場合は眼科の病気以外に神経の病気が原因のことも多い様です。この様な場合も脳神経内科を受診して専門的な診察を受けてみて下さい。

意識が悪い

急に意識が無くなった、なんとなく様子がおかしい、起こしてもすぐに寝てしまってなかなか起きない等の症状は緊急を要することが多いです。脳自体の病気のことや、心臓の病気のこともあります。この症状は急を要しますので当病院の様に脳神経内科、脳外科、循環器内科がそろった病院をすぐに受診することをおすすめします。

発熱がつづく、その原因がわからない

厳密には、脳神経内科の範疇とは外れますが、医療機関でいろいろと検査をしても、原因不明のまま発熱が2-3週間以上続く場合、大変不安に思われることと思います。当院には、すべての診療科や検査機器がある訳ではないので、限定的にはなりますが、当科が中心となって、当院他科や他の医療機関とうまく連携しながら、不明熱の精査を行います。不明熱の三大原因である「感染症」「悪性腫瘍」「膠原病(自己免疫疾患)」の鑑別を中心に、薬剤性やその他の疾患に関しても診断へ努力し、原因究明して適切な治療科へ紹介致します。

診療体制

現在、脳神経内科は、2名の常勤医で、構成されております。外来診療は、月・水・金曜日で、紹介を中心とした初診と検査結果説明などの再診を同時に行っております。川薩地区で数少ない脳神経内科で、入院病床もあるという当院の特性から、入院診療にも大きなウエイトを置かざるを得ない状況ですので、再診は出来るだけ減らすようにしております。紹介患者様も、基本的に、地域の開業の先生にお任せできる患者様は、外来フォローをお願いしております。
火・木曜日は、川薩地区の救急隊からの連絡に対する対応および初期診療を行っております。鹿児島県のドクターヘリからの受け入れ要請などもあり、脳卒中診療のみならず、当院で受け入れ可能な救急要請に対して、幅広く対応できるように他科と連携しつつ、努力しております。
病棟では、脳梗塞患者さんを中心に、緊急入院になったてんかん患者さん、感染性疾患である髄膜炎や脳炎、ギランバレー症候群や重症筋無力症などの神経免疫疾患などの治療を行っております。意識障害や不明熱の原因検索も当院の検査設備で可能なものを中心に行っております。各患者毎に主治医をつける主治医制をとっております。学会出張や休日などで、どちらかが不在にすることもありますので、二人とも常にお互いの患者さんの状況を把握し、診療が滞らないようにシームレスな診療体制を心がけております。また、病棟では、多職種(医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカー・栄養士・心理士・事務など)でのカンファレンスを行い、患者さんを中心にご家族にも寄り添い、入院中および退院後の生活にご満足いただけるように話し合いを持っております。社会制度も複雑化し、急性期病院として入院日数の短縮化を求められる昨今、地域との連携、社会資本や介護サービスの活用などは、入院生活のみならず、患者さんやご家族の今後の生活を充実したものとするために、必要なものです。特に脳卒中診療は、地域医療の根幹であり、地域連携が大事な分野になっております。医師のみならず、多くの職種が関わることで、病院スタッフが一丸となって、患者さんを様々な面から支える体制作りをしております。

診療指針・診療目標

脳血管障害、その他の神経疾患の急性期治療を行います。

川薩地区で、地域の医療関係者、患者様に頼りにされる脳神経内科医となれるように真摯に診療に取り組みます。
「わからない・なおらない・でも、あきらめない」(三 ない 科)の精神性を貫きます
(私どもの所属医局である鹿児島大学脳神経内科(旧第三内科)のモットー)

  • Patients oriented medicine
    患者様の訴えを大事に診療を行います
  • Patients centered medicine
    患者様中心の診療を行います
  • Evidence based medicine
    医療根拠に基づいた診療を行います

スタッフ

能勢 裕久(ノセ ヒロヒサ) 主任部長

鹿児島大学 平成7年卒

[指導医・専門医・認定医]

  • 日本内科学会指導医
  • 日本神経学会神経内科指導医
  • 日本感染症学会指導医
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
  • 日本プライマリケア連合学会指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本神経学会神経内科専門医
  • 日本感染症学会感染症専門医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
  • 日本プライマリケア連合学会認定医

[所属学会]

  • 日本内科学会
  • 日本神経学会
  • 日本神経感染症学会
  • 日本認知症学会
  • 日本感染症学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本環境感染学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本プライマリケア連合学会

[その他]

  • 医学博士
  • インフェクション・コントロール・ドクター(ICD)
  • 南九州感染症寺小屋代表世話人

篠原 和也(シノハラ カズヤ) 医長

鹿児島大学 平成16年卒

[専門医・認定医]

  • 日本神経学会専門医
  • 日本内科学会認定医

[所属学会]

  • 日本内科学会
  • 日本神経学会

入院患者件数の内訳

病名
/年度
2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
脳血管障害 306 212 171 172 152 189 158 172 172 143
神経感染症(髄膜炎、肺炎など) 66 51 35 20 16 7 13 6 32 25
てんかん(原発性、症候性) 33 21 16 21 15 18 7 13 14 28
免疫関連性中枢神経疾患 9 7 4 1 0 6 1 2 5 18
パーキンソン関連疾患 8 2 7 5 7 6 4 2 1 2
多系統萎縮症 4 0 1 0 2 0 0 0 0 2
脊髄小脳変性症 4 2 4 2 0 1 0 0 0 2
筋萎縮性側索硬化症 3 5 1 1 5 9 2 5 0 6
ギラン・バレー症候群 など 3 3 3 5 3 5 2 3 3 5
その他 90 80 53 53 38 54 46 68 58 24
合計 526 383 295 280 238 295 233 271 285 255