川内市医師会立市民病院トップページへ

平成28年度 川内市医師会立市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 17 39 47 62 134 251 669 704 804 243
当院は主に、循環器内科、呼吸器内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科の6つの診療科が入院診療にあたっています。 この指標では、年齢層の違いによる入院治療をお受けになった患者数を示しておりますが、当院は、小児科や小児外科が無いため、10歳未満および20歳未満の患者さんの数が少ないのが特徴です。反対に、がん、脳卒中、虚血性心疾患、骨折等の比較的高齢者の多い傷病の比率が高いため70歳代、80歳代の患者さんが多い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 45 5.00 4.48 0.00 70.73 4.化学療法4泊5日
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 36 10.61 6.82 0.00 65.39 5.胆嚢摘出術 ERAS
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 13.79 9.08 13.79 71.72 14.イレウス(保存的治療)
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 24 4.67 4.50 0.00 68.42 3.化学療法3泊4日
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 17 4.41 4.42 0.00 62.82 3.化学療法3泊4日
外科は、消化器系の疾患を多く診療していますが、一番多い疾患が大腸がんであり、手術や抗がん剤治療を多く実施しています。具体的な流れの1つとして、消化器内科で検査を行った後、手術を行い、化学療法(抗がん剤治療)の短期入院を繰り返す、というものがあります。次いで多いのが、胆のう炎・胆石症の腹腔鏡下胆嚢摘出術による入院です。腹腔鏡下の手術は、高度な技術が必要とされますが、開腹手術よりも患者さんの身体的負担が少なく、回復も早いとされています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 140 39.01 27.63 35.71 84.83 20.右大腿骨頸部骨折(人工骨頭挿入術)
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術なし 手術・処置等21あり 34 3.00 3.07 0.00 74.00 9.脊髄造影1泊2日
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 32 9.81 5.49 0.00 51.91 3.橈骨遠位端骨折手術
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 26 24.15 17.07 3.85 52.88 10.脊椎 除圧術 インプラント使用なし
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 23 29.00 20.57 17.39 77.83
整形外科は、骨折などの外傷性疾患を中心に、四肢・関節・脊椎など整形外科全般にわたる疾患の診察・治療にあたっていますが、特に近年の高齢化に伴い、大腿骨近位部骨折の患者さんが多く、手術症例も増加しています。また、腰部脊柱管狭窄症や脊椎破裂骨折などの脊椎手術においては、MISt手技にもとづいた低侵襲手術を積極的に取り入れています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 17.28 9.87 20.00 78.53 6.慢性硬膜下血腫(穿頭)周術期
7.慢性硬膜下血腫(青木式)2泊3日
8.慢性硬膜下血腫(青木式)周術期
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 32 30.41 16.54 34.38 71.97 5.アテローム血栓性脳梗塞 (アルガトロバン)
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 29.71 19.35 58.33 77.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 15.00 7.52 20.00 70.35
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 13.15 7.12 15.38 69.62
脳神経外科は、脳血管障害、頭部外傷、良性脳腫瘍、機能的脳神経外科疾患などに対し手術を中心に診療にあたっています。 また脳動脈瘤、脳梗塞に対して、症例によっては脳血管内手術を行っています。脳卒中においては、神経内科とともに川薩保健医療圏内の救急の症例を多く手掛け、また、リハビリテーションの専用施設、スタッフが充実しており、急性期から積極的なリハビリテーションが可能です。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 43 21.30 16.54 20.93 71.51 1.アテローム血栓性脳梗塞(アルガトロバン)
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 19.07 19.35 35.71 71.57
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 8.43 7.12 14.29 63.43
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 21.15 16.73 30.77 71.62
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 12 23.25 20.18 58.33 82.75 1.アテローム血栓性脳梗塞(アルガトロバン)
神経内科は、主に脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血)、髄膜炎、脳炎、てんかん等の神経救急疾患に加え、パーキンソン病、認知症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、末梢神経障害、多発性硬化症、重症筋無力症、筋炎、頭位変換性めまい症といった様々な専門的疾患の診療にあたっています。様々な専門的疾患にあたっているため、他科と比較すると上位2つ目以降の件数が少なくなっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 85 18.28 12.35 1.18 68.48 1.入院 化学療法
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 71 3.73 3.68 5.63 70.14 9.気管支鏡検査
11.CT下肺生検
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 55 16.84 14.83 12.73 75.53
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 24 15.13 10.76 4.17 64.58 6.化学療法(タルセバ+Bev)
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 15.75 21.25 58.33 85.79
呼吸器内科は、肺がんや肺炎を中心に診療にあたっています。川薩保健医療圏内(薩摩川内市、さつま町)と、近隣のいちき串木野市、阿久根市などから広く患者さんを受け入れ、抗がん剤治療や緩和医療が行われています。肺癌については、診断から治療まで行い、手術や放射線治療は他の医療機関と連携して行っており、終末期も安心して過ごせるように、在宅連携機関とも協力し、患者ケアにあたっています。また、肺炎等の患者さんは、地域からの比較的重症度の高い患者さんの診療を行っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 3.31 3.06 0.00 68.08 1.心カテ(上腕・橈骨)抗生剤注射
2.心カテ(上腕・橈骨)腎機能障害
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 26.02 17.95 20.69 83.47
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし 1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 21.45 13.02 5.26 65.11 1.心カテ(上腕・橈骨)抗生剤注射
2.心カテ(上腕・橈骨)腎機能障害
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 6.90 4.71 3.23 72.58 1.心カテ(上腕・橈骨)抗生剤注射
2.心カテ(上腕・橈骨)腎機能障害
050210xx97000x 除脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし 1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 15.83 11.38 6.67 79.73
循環器内科は、狭心症並びに急性心筋梗塞などの虚血性心疾患や心不全の患者さんの診療を中心に診療にあたっています。心臓カテーテル検査や血管内治療も行っており、緊急検査・治療にも対応しております。最近は患者さんが高齢化しており、肺炎と心不全の合併など併存疾患も多く、他科と共に協力して加療しています。また、クリニカルパスを用いて、 カテーテル検査での入院は2泊3日、治療は3泊4日を基準として診療を行い、入院期間の適正化を図っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 17 1 7
大腸癌 - 10 18 73 - 83 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - 14 45 129 42 47 1 7
肝癌 - - - 13 - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、主に肺がん、大腸がん、胃がんの治療を行っております。
大腸がん、胃がんの患者さんは、手術療法、化学療法、術後化学療法など幅広く対応し、治療にあたっています。
肺がんは、ステージⅠ~Ⅱのがんの切除が可能な患者さんについては、当院外科や他院と連携し、手術後の化学療法を行っています。ステージⅢ~Ⅳの切除不能がんの患者さんに対しては化学療法から緩和ケア、終末期まで積極的に治療をしています。
当院は、鹿児島県がん診療指定病院です。8床の化学療法室と、化学療法に携わる認定薬剤師、認定看護師がおり、副作用に注意しながら、治療を行います。また、地域連携パス(私の手帳)も運用しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 12.60 55.00
中等症 48 16.38 78.83
重症 16 17.81 89.56
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎の事をいいます。 重症度は「尿素窒素(BUN)」「動脈血酸素飽和度(SPO2)」「血圧」の結果、及び「意識障害」「免疫不全状態」「肺炎重症度規定因子」を基準に沿って評価し、その結果を合算したものになりますので、評価数値が高ければ重症となります。 この指標では、重症度別に当院で治療を行った患者さんの人数、入院期間、年齢を示しております。当院は地域の中核病院として、地域のニーズにより、軽症から重症まで幅広く患者さんを受け入れております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 15 5.60 72.80 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 219 27.00 76.86 39.18
その他 26 25.00 80.92 3.27
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になることをいいます。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれることがあります。 脳梗塞は発症後少しでも早い治療開始が望まれます。この指標では、発症日の違い(急性期、慢性期)による転院率、入院期間の違い等について示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 51 3.75 6.90 0.00 65.69 5.胆嚢摘出術 ERAS
K6335 鼠径ヘルニア手術 23 2.65 5.78 0.00 74.30 6.鼠径ヘルニア ERAS
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 17 5.12 13.88 5.88 64.71 33.ポート留置術
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 15 2.47 1.73 0.00 69.40 6.大腸ポリープ切除・EMR(前日入院)
7.大腸ポリープ切除・EMR(当日手術)
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 11 9.00 12.64 0.00 67.55 19.結腸切除術(木曜日手術用)
20.結腸切除術(火曜日手術用)
外科は、胆嚢摘出術、鼠径ヘルニアの患者さんの手術を多く手掛けています。また、大腸がんや胃がんの患者さんの化学療法を行うための、常置型のポートと言われるものを埋め込む手術も行っています。当院には非常勤の消化器内科医がおりますので、内視鏡的ポリープ切除術等を行っていますが、外科にてご入院いただくため、外科での計上となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 124 2.76 35.69 29.84 78.72 1.上肢手術(予定)
14.右大腿骨転子部骨折 CHS
15.右大腿骨転子部骨折 γ-ネイル
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 61 3.03 35.36 36.07 84.75 20.右大腿骨頸部骨折(人工骨頭挿入術)
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 47 3.19 23.15 10.64 62.96 3.橈骨遠位端骨折手術
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 35 5.83 30.94 11.43 72.40 11.脊椎固定術(腰椎)
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 34 7.94 35.44 11.76 71.62 11.脊椎固定術(腰椎)
整形外科は、地域から手術が必要な骨折患者、脊椎疾患、股関節の手術が必要な患者を多く受け入れております。骨折の患者さんは、緊急に手術が必要な患者さんも多く、入院後手術までの日数が短い方が多くいます。
また、当院は、地域において急性期を担う役割があり、一定のリハビリが終了すれば、地域のリハビリが可能な医療機関に転院していただき、治療を継続するケースが多くあります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 1.11 15.24 21.62 79.73 6.慢性硬膜下血腫(穿頭)周術期
7.慢性硬膜下血腫(青木式)2泊3日
8.慢性硬膜下血腫(青木式)周術期
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 11 0.82 63.55 27.27 66.45 1.未破裂動脈瘤(周術期)
2.未破裂動脈瘤(土曜日入院)
3.未破裂動脈瘤(木曜日入院)
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
脳神経外科は、転倒などで頭部を打った患者さんの頭の中に溜まった血腫を小さな穴を開けて吸引、洗浄する「慢性硬膜下血腫洗浄術(穿頭)」を多く手掛けています。このような患者さんは、緊急手術をすることが多く、術前日数は大変短くなっています。また、くも膜下出血を発症した患者さんの緊急手術も多く手掛けています。くも膜下出血や脳出血の患者さんは、比較的ダメージが大きく、術後のリハビリテーションなど治療が長くなるケースが多いため、術後日数は比較的長くなっているのが特徴です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 22 0.09 17.41 18.18 71.86 3.PCI(上腕・橈骨)
4.PCI(上腕・橈骨)腎機能障害
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 19 6.84 14.89 15.79 75.89 10.ペースメーカー植え込み
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 16 0.00 24.25 0.00 65.06 3.PCI(上腕・橈骨)
4.PCI(上腕・橈骨)腎機能障害
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 15 3.00 3.73 0.00 69.87 3.PCI(上腕・橈骨)
4.PCI(上腕・橈骨)腎機能障害
K5462 経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症) 14 0.00 21.79 0.00 65.57 3.PCI(上腕・橈骨)
4.PCI(上腕・橈骨)腎機能障害
循環器内科は、急性心筋梗塞や狭心症、心不全に対する診断・治療を中心に、また、洞不全症候群等に対してのペースメーカー移植術も行っています。
川薩保健医療圏の患者さんのほとんどを当院で引き受けております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.54
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、敗血症、播種性血管内凝固、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
更新履歴
2017年9月27日
平成28年度病院指標を公開しました。
2016年9月29日
平成27年度病院指標を公開しました。