>> 2011-2012年のNEWSのページへ

職場体験

H29.9.30 更新

平成29年9月7日(木)より当院看護部にて職場体験が実施され、川内南中学校2年生3名の参加がありました。患者さんと看護師の笑顔に触れたり、病院について学べたことなど、貴重な体験ができたと感想を述べていました。また将来、看護師や助産師になりたいという夢が一層強くなったと語る学生もいて、頼もしい限りでした。



職場体験

H29.9.30 更新

平成29年8月24日(木)より当院看護部にて職場体験が実施され、れいめい中学校2年生3名の参加がありました。患者さんとのコミュニケーションをはじめ、手指衛生の体験や入浴介助の見学など看護業務を通して、普段接することがない看護師のカッコ良さや看護業務に対して魅力を感じたと感想を述べていました。



清掃ボランティア

H29.9.30 更新

8月22日(火)17:05より毎月2回行われるサービス向上委員会主催清掃ボランティアを実施しました。今回は病院敷地内を中心に、街路樹の枝葉や資源ごみなど約20分かけて拾いました。病院周辺はもちろんのこと、普段気が付かない裏庭や緑地帯などもすっかり綺麗なり、職員全員によるこのような定期的な清掃の大切さを改めて感じました。



ふれあい看護体験

H29.8.17 更新

平成29年7月22日(土)、当院でふれあい看護体験が実施されました。今回は、伊集院高等学校の2年生女子2名の参加があり、看護師の役割や業務内容を間近で見学したり、患者さんとのコミュニケーションを通して、貴重な体験ができたようです。今回の体験で将来の夢である看護師という仕事に、一歩近づくことができた看護体験になったと思います。



七夕まつり

H29.7.12 更新

毎年恒例(第25回目)の七夕まつりと父母会主催の夕涼み会が7月1日(土)にありました。今年も天候が安定せず、やっと快晴になった!と思ったら、これはこれで暑かったです。昨年までは竹での流しそうめんがメインでしたが、今年はカレーライスとフルーツポンチがメイン。子ども達が楽しみにしている屋台もあり、ヨーヨー釣り・おもちゃ釣り・かき氷・ポップコーン・お面など色々。親子で夕涼みをしながら楽しいひと時を過ごしました。



H29年度新人職員宿泊研修

H29.7.5 更新

看護師、理学療法士、作業療法士、生理検査技師、栄養士、医師事務作業補助者の新人職員20名と、プリセプター、教育委員、管理者の総勢28名で、鹿児島県霧島市横川町の丸岡公園「さくら館・こもれびの里」において、院外一泊宿泊研修を開催しました。「医療人としての必要な資質が理解できる」という目標のもと、グループワークや野外活動・体験学習などを通して、多職種との連携やチームワークの重要性、医療職としての責任を改めて気づく良い機会になったと思います。看護師としてまだまだ未熟ではありますが、医療職としての先輩方に支援していただきながら、今回の体験を生かして患者さんとより良い関わりができるよう今後の成長を期待したいと思います。



感染対策研修会

H29.7.5 更新

5月〜6月、4回に分けて、「意識と行動を変えよう!手指衛生と個人防護具使用の徹底化」というテーマで、感染対策研修会を行いました。研修会では、事例の場面で必要な感染対策となぜ必要と思うのか、その根拠について考えました。職種は関係なく6〜7名を1グループとしグループワークを行いましたが、様々な職種で話し合うことで、お互いに気付きと学びがあったようです。今回の研修会で手指衛生を実施すべき場面とその理由については理解できたと思います。今後の職員の行動変容へ繋がることを期待しています。



第29回市民病院学術発表会

H29.4.20 更新

4月18日(火)、第29回市民病院学術発表会が2階会議室において開催され、医療技術部、総合リハビリテーション部、看護部、診療部より6題の発表が行われました。約1時間半の充実した発表会に、外部の方16名を含む155名の参加者がありました。
今回の演題は以下の通りです。

演題一覧(発表順)
1.医療技術部放射線課
 「MRI」のアップグレードに伴うASL(非造影頭部灌流画像)の有用性について」
2.総合リハビリテーション部
 「脳出血急性期の嚥下障害に対する予後予測の検討」
3.看護部 3階西病棟
 「脊椎手術におけるPCAを効果的に使用するための取り組みについて」
〜術前・術後の統一した指導に向けたパンフレット作成〜
4.看護部 3階東病棟
 「効果的なポジショニング〜褥瘡発生ゼロを目指して〜」
5.診療部 麻酔科
 「術後疼痛管理について」
6.診療部 呼吸器内科
 「当科でのEGFR遺伝子変異陽性肺癌の癌性髄膜炎の検討」



愛の献血

H29.4.20 更新

4月17日(月)当院正面玄関前において日本赤十字社の献血バスによる集団献血があり、近隣住民の方や当院の職員など20名が献血を行いました。病気やけがの治療のために必要な輸血や血液製剤は、健康な方々からご提供いただく「献血」により作られています。さらに献血者が増えるよう働きかけたいと思います。



開院記念式典

H29.4.10 更新

4月3日(月)開院記念式典があり、新人職員36名に院長より辞令が交付されました。また、永年勤続表彰式では勤続10年者10名に記念品の贈呈が行われました。



防災訓練

H29.4.10 更新

3月29日(水)15時より防災訓練を実施しました。今回は夜間火災を想定し、全館非常ベルにより現場を確認した警備員から連絡を受けた事務当直者が、消防署への通報と非常放送を行う訓練や、3階西病棟・地域包括ケア病棟からの患者誘導などを訓練しました。終了後、防災委員会を開催し、避難誘導や管理当直師長の動きなど今後の課題について意見交換しました。



卒園式

H29.4.10 更新

3月25日(土)院内保育所にて第23回保育証書授与式が行われました。長いと思った「ちゅうりっぷ園」での生活も最後のこの日、6名の園児たちが真剣な面持ちで保育証書を受け取りました。4月からは保育園より長い長い学校生活、そしてやがて社会人になって強く生きてほしいと思います。ご卒園おめでとうございます。



お別れ会

H29.3.27 更新

もうすぐ卒園、新級を控えたちゅうりっぷ園の園児たちは、3月23日(木)にお別れ会を開きました。お別れ会では、劇・ダンス・お歌などの出し物やプレゼント交換の後に、食事会で数々のお料理をみんなで楽しみました。園児たちはちゅうりっぷ園での思い出が、またひとつ増えたようです。



お別れ遠足

H29.3.27 更新

3月16日(木)、ちゅうりっぷ園のお別れ遠足を行いました。今年は日笠山登山コース、諏訪田公園コース、周辺散策コースの三つに分かれての遠足にしました。日笠山登山コースでは、園から頂上までのおよそ3キロメートルの道のりを登り、頂上では市内の絶景をみんなで楽しみました。他の二つのコースでは、目的地までの道のりを散策しながら歩き、公園の遊具でたくさん遊びました。朝は少し肌寒かったですが、昼間は打って変わって太陽が顔をだし、どのコースも楽しいお別れ遠足になりました。



職場体験

H29.3.7 更新

2月22日(水)〜24日(金)の3日間、川内中央中学校2年生女子1名男子2名が当院で職場体験をしました。体温・脈拍・血圧の測定方法や感染予防の手洗い、入院患者さんへの配膳の体験や当院保育所ちゅうりっぷ園での保育体験、総合リハビリセンターの見学など各部署で体験してもらいました。この職場体験を通して、将来の職業に医療・福祉職を目指す生徒さんが増えることを期待しています。


サービス向上委員会主催研修

H29.3.7 更新

2月9日(木)、16日(木)、22日(水)に当院会議室に於いてサービス向上委員会主催の接遇研修会が行われました。今回は、九州東邦株式会社カスタマーサポート部広野健太先生をお招きして、「マナーとホスピタリティについて」というテーマでお話いただき、マナーとホスピタリティを身に付ける目的や基本的なマナーの確認、そしてホスピタリティを意識するための研修を行いました。


感染対策研修会

H29.2.6 更新

1月16日、17日、24日に感染対策研修会を開催しました。嘔吐物の処理は迅速に正しい方法で行う必要があり、半径2mの範囲までの消毒が必要となります。今回はグループ毎に役割分担を決め、全員が参加する方法で実技を行い、吐物より2mを実際に計測することで、その範囲の広さを実感し正しい手技を学ぶことができました。実際の対応時に備えて繰り返しシミュレーションして行きたいと思いました。


いぶすき菜の花マラソン

H29.1.18 更新

1月8日(日)第36回いぶすき菜の花マラソン大会が開催され、当院の職員も多数参加しました。今大会は特別招待選手を含む15,184名がエントリー。昨日から降り続いた雨も上がり、スタート時には絶好のマラソン日和になりました。約2000人の市民ボランティアや市民総出の応援の中、男子9,153名女子3,338名の合計12,491名の方が完走したそうです。


行事食(お寿司、クリスマス)

H28.12.29 更新

12月の行事食は、1日にお寿司、24日にはクリスマスメニューを提供しました。入院中でも季節や行事を味わっていただけるような食事提供をしております。患者様は、当院栄養管理部が心を込めて用意した華やかな料理に、楽しいひとときを過ごされた様子でした。



ちゅうりっぷ園生活発表会

H28.12.29 更新

12月17日(土)薩摩川内市総合福祉会館にて、園児64名による第24回ちゅうりっぷ園生活発表会が行われました。毎年園児たちは、この生活発表会の練習を通して物事への取り組み方を、身をもって体験し身に付けていきます。今回もステージでは、園児たちが毎日練習を重ねてきた歌や踊り、合奏や劇など披露しました。保護者の方をはじめ会場の方々は、園児たちの一生懸命な姿に感動し、やり遂げたあとの笑顔に胸がいっぱいになったことと思います。



クリスマスコンサート

H28.12.16 更新

12月12日(月)リハビリセンターにて毎年恒例のクリスマスコンサートを開催しました。当院保育所園児たちのダンスや永利小学校金管バンドの演奏に、患者さんを含めた来場の方々が拍手喝采を送り、大盛況のうちにコンサートは終了しました。プログラムは以下のとおりです。

@がん関連委員会メンバー
 ハンドベル
Aちゅうりっぷ園
 園児たちのダンス
B永利小学校金管バンド
 スウィートキッズ演奏


個人情報保護研修会

H28.12.16 更新

12月9日(金)、個人情報保護必須研修会が行われました。今回の研修は、特定社会保険労務士の領家将公先生をお招きして「マイナンバー制度のおさらい」というテーマでお話いただきました。マイナンバー制度が開始して約1年が経過し、何が変わったのか、いまひとつ把握しきれていない方が多いなか、今後どうすればいいのか理解できたのではないかと思います。


職場体験

H28.12.16 更新

12月6日(火)〜8日(木)の3日間、川内南中学校2年生女子2名が当院で職場体験をしました。入院中の患者さんへの配膳・下膳の体験や保育所での保育体験、リハビリテーション療法の見学など体験してもらいました。各部署での体験を通して職業観を養う機会にしてもらい、このように爽やかな生徒たちが将来、医療・福祉職で活躍されることを期待しているところです。


職場体験

H28.11.21 更新

11月9日(水)〜11日(金)の3日間、川内商工高校2年生女子2名男子1名が当院で職場体験をしました。患者さんへの配膳・下膳の体験や保育所での保育体験、リハビリテーション療法の見学など、当院各部署での職場体験を通して職業観を養う機会になったのではと思います。


職員バレー大会

H28.11.21 更新

11月11日(金)川内アリーナにて職員バレーボール大会を開催しました。およそ170名の職員が参加するなか8部署で競い合い、初戦から決勝戦まで熱戦が繰り広げられましたが、見事4階東病棟チームが優勝しました。
優勝  ▶4階東病棟
準優勝 ▶外来
3位  ▶事務部


愛の献血

H28.11.21 更新

11月8日(火)当院正面玄関前において日本赤十字社の献血バスによる集団献血があり、近隣施設や当院の職員など22名が献血を行いました。献血で得られた血液は手術や治療などに使用されます。次回はさらに献血者が増えるよう職員に働きかけたいと思います。


第5回甑島アクアスロン

H28.10.28 更新

10月15日(土)、第5回甑島アクアスロンが開催され、当院からも職員が参加しました。大会は天気のすぐれない中進行し、参加したリレーコースはスイム1km、ラン13km(@7km、A6km)を3人で競い合いました。島民の方々の「がんばれ」という声援を糧にして、アップダウンの激しいコースでも足を止めず全チームがゴールできました。当院職員の結果は17チーム中3位。チームとして参加した大会の中で町民総出の応援があり、選手達は参加者であるにも関わらず町民と一緒になって大会を盛り上げるサポーターになっていました。


第28回市民病院学術発表会

H28.10.18 更新

10月12日(水)、第28回市民病院学術発表会が院内に於いて開催され、看護部、薬剤部、診療支援部、診療部より5題と特別講演1題の計6題発表が行われました。質疑応答も含め約1時間半の充実した発表会に147名の参加者がありました。演題は以下の通りです。
演題一覧(発表順)
1.看護部
 「訪問看護師へ医療用麻薬のアンケート調査」
2.薬剤部・ICT部会
 「職員への抗インフルエンザ薬予防投与に関する実態調査」
3.診療支援部 地域医療連携室
 「循環器内科での退院支援の取組みとMSWの今後の展望」
4.診療部 整形外科
 「当院における最小侵襲脊椎安定術」 (MIStの紹介))
5.診療部 放射線科
 「緊急IVRの有用性と限界〜TAE and/or外科手術」
6.特別講演 看護部
 「重症度、医療・看護必要度の評価のあり方
〜院内における評価の多職種協働の必要性〜」


防災訓練

H28.10.18 更新

10月7日(金)14:00より防災訓練を実施し、今回は夜間に2階中央材料室より出火したという想定で行いました。全館非常ベルにより、現場を確認した警備員より連絡を受けた事務当直者が、消防署への通報と非常放送を行う訓練や、4階西病棟から入院患者を誘導する避難訓練を行いました。また訓練用の水消火器を使用して、消火器の操作確認と初期消火の訓練も行いました。


清掃ボランティア

H28.9.29 更新

9月20日(火)17:05より毎月2回行われるサービス向上委員会清掃ボランティアを実施しました。今回は台風16号が薩摩半島に接近した影響もあり、強風に飛ばされてきた街路樹の枝葉や資源ごみなど、病院敷地内と周辺を約20分かけて拾いました。


ちゅうりっぷ園運動会

H28.9.29 更新

9月17日(土)院内保育所の園庭にて、第24回ちゅうりっぷ園運動会が開催され、爽やかな秋晴れのもと園児達は今まで練習してきた沢山の競技を立派にやり遂げました。年少組さんでは、かけっこでコースを外れたり、ダンス中に立ち尽くす園児がいたりなど、保護者の方がヒヤヒヤしてしまう場面もありましたが、我が子やお友達の成長を感じられる感動の運動会になりました。


北薩がん医療ネットワーク

H28.9.29 更新

9月16日(金)19:00より当院2階会議室において、第23回北薩がん医療ネットワークが開催され、講演終了後ディスカッションも行われました。講演内容は以下の通りです。
■『熊本地震災害支援にJRATスタッフとして参加して』 川内市医師会立市民病院
■『地域がん診療連携拠点病院、入職3年目、医療ソーシャルワーカーの活動状況について』済生会川内病院
■『趣味活動を通したがん患者との関わり』川内市医師会立市民病院
■『ベバシズマブ投与における蛋白尿発現時の腎機能および血圧への影響の検討』 出水郡医師会広域医療センター


市民公開講座

H28.9.29 更新

9月10日(土)薩摩川内市国際交流センターにて、第4回市民公開講座を開催致しました。今回は2部構成で講演を行い、1部ではNPO法人がんサポートかごしま理事長の三好綾先生をお招きして「がんとともに生きる」についてご講演いただきました。また2部では、当院外科医長中薗俊博医師より「知っておきたい胃がんのはなし」というテーマで講演があり、相談コーナーや講演会場に、市民の皆様をはじめ約120名の方が受講されました。次回も、当院市民公開講座に多くのご参加をお待ちしております。


職場体験

H28.9.1 更新

8月23日(火)〜25日(木)の3日間、れいめい中学校2年生女子3名が当院で職場体験をしました。看護部での感染予防の手洗いや患者さんへの配膳・下膳の体験や当院保育所での保育体験、リハビリテーションの見学などをしました。当院の職場体験を通して、園児や患者さんとのコミュニケーションや礼儀作法など、働く上で必要なことを学ぶ機会にしてもらいたいと思います。


感染対策研修会

H28.7.1 更新

5月24日、6月1日、6月9日、6月17日に院内感染対策研修会が行われました。同じ内容を4回開催し参加率100%を目指し取り組んでいます。今回のテーマは「アウトブレイク事例より、感染対策の重要性について学ぼう」でした。実際に当院で起きたノロウイルス感染症の事例を用い、嘔吐時の対応や環境整備などの振り返りと今後の課題にについて再確認しました。他部署の出来事ではなく自部署のこととして考える機会となりました。


経営計画発表会

H28.7.1 更新

6月10日(金)の業務終了後、平成28年度の経営計画発表会が行われました。当院では平成26年度よりバランスト・スコアカードの概念に基づいた経営計画を策定していますが、この日は平成28年度病院全体の経営計画を受け、各部署が策定した経営計画について、部署代表からの発表があった後、経営陣から詳細な説明を求められたり、他部署から質問を受けるなど盛んな討議が行われました。


H28年度新人職員宿泊研修

H28.6.17 更新

6月4日(土)〜6月5日(日)に梅雨入り宣言当日の小雨模様の中、看護師、理学療法士・作業療法士、放射線技師の新人14名にプリセプター、教育委員、管理者の総勢19名で鹿児島県霧島市横川町の丸岡公園バンガロー「こもれびの里」に研修に行きました。事例検討や座談会、ウォークラリー、体験学習など寝食を共にした職員間の交流は、職種は違っても互いの協力がチーム医療にもつながるのだという経験ができたのではないかと思います。


愛の献血

H28.4.26 更新

4月18日(月)当院正面玄関前において日本赤十字社の献血バスによる集団献血があり、近隣施設や当院の職員など18名が献血を行いました。若者の献血離れや慢性的な血液不足が問題視されているなか、積極的理解と協力が期待されるところです。


第27回市民病院学術発表会

H28.4.23 更新

4月15日(金)、第27回市民病院学術発表会が院内に於いて開催され、栄養管理部、医療技術部、看護部、診療部より6題の発表がありました。長期にわたり蓄積したデータを使っての発表や、希少な事例の発表などもあり、質疑応答も含め約1時間半の発表会ではありましたが、参加した169名の参加者からも内容の濃い発表会だったとの声もあり、充実した発表会になりました。
演題一覧(発表順)
1.臨床工学課
「生体情報モニターのアラーム対策」
2.栄養管理部
「嚥下困難者への食事に対する施設間連携の取り組み」
3.看護部
「先行期障害がある患者への摂食アプローチ〜視覚認知・嗜好に着目して〜」
4.感染管理
「呼吸ケアサポートチームと重症患者介入という共通課題に取り組んで」
5.脳神経外科
「川薩地区脳卒中連携パス(Brain attack in Sensatsu)のこれまでの現状の報告」
6.循環器内科
「繰り返す失神に対し、植込み型ループレコーダーにて原因を同定し得た1例」


患者送迎バス運行開始

H28.4.23 更新

患者送迎バスの運行が4月11日(月)に始まりました。民間バスが運行しない隙間時間を埋めて、患者様の利便性を向上させたいとして始まったサービスです。同日の8時40分に第1便が川内駅に向けて出発しました。路線については当面、「川内駅」と樋脇の「道の駅」間を運行します。利用希望者は「総合窓口」または「外来窓口」で受け付けを行っていますので、ご利用下さい。


開院記念式典

H28.4.15 更新

4月1日(金)開院記念式と辞令交付式が行われ、緊張した面持ちの新人職員36名に院長より辞令が交付されました。また永年勤続表彰式では、長きにわたり当院に貢献された職員、勤続20年4名と10年13名に感謝状と記念品の贈呈が行われました。


防災訓練

H28.4.15 更新

3月30日(水)防災訓練がありました。今回は夜間火災を想定し、当直医師の指示の下、少人数での初期消火・消防署への通報・非常放送・避難誘導の訓練を行いました。終了後、防災委員会を開催し、訓練参加者から避難誘導の声が聞こえなかったなどの反省や管理当直師長の動きなど課題について意見をききました。


卒園式

H28.4.1 更新

3月26日(土)、院内保育所にて第22回保育証書授与式が行われ、立派に成長した10名の園児が保育証書を受け取りました。ちゅうりっぷ園でのたくさんの思い出を胸に、4月から新一年生として新たなステップを踏み出してほしいと思います。ご卒園おめでとうございます。


お別れ会

H28.4.1 更新

卒園式まであとわずかの3月23日(水)、ちゅうりっぷ園でお別れ会を開きました。プレゼント交換や劇・ダンス・お歌などの後に、園児たちが楽しみにしていたオードブルバイキング。お別れはさみしいですが、今日の楽しい思い出を大切にしてほしいです。


お別れ遠足

H28.3.25 更新

3月17日(木)に、ちゅうりっぷ園のお別れ遠足を行いました。今年は日笠山登山と総合運動公園の二つのコースに分かれての遠足にしました。日笠山登山コースでは、園から頂上までのおよそ3キロメートルの道のりをみんなで登り、さわやかな達成感を味わいました。総合運動公園コースでは、バスを乗り継いで公園に行き、周辺の散策やわくわく公園の遊具でたくさん遊びました。晴天にも恵まれ楽しいお別れ遠足でした。



回復病棟レクリエーション

H28.3.25 更新

3月13日(日)に回復リハビリテーション病棟で、毎月の定例行事である患者さんと病棟スタッフによるレクリエーションを開催しました。今月は、開花が待ち遠しい桜の塗り絵を行い、ナースステーション前の廊下に色とりどりの桜が花を咲かせました。


医療安全研修

H28.2.26 更新

2月18日(木)17:15より当院会議室・実習棟に於いて医療安全全体研修が行われました。今回は当院の田實謙一郎副院長より、医療事故調査制度の概要について医療事故を未然に防ぐ為に重要なことや、医療事故調査制度による医療機関における対応方法など、約1時間の研修を行いました。


職場体験

H28.2.26 更新

2月17日〜19日の3日間、川内中央中学校2年生の女子2名の職場体験を受け入れ、病棟での患者さんへの配膳・下膳の看護師体験など、各部署で色々な体験をしてもらいました。当院での職場体験で、大人になって働くことへの関心と意欲の向上に役立ててもらいたいと思います。


ちゅうりっぷ園 豆まき

H28.2.10 更新

2月3日(水)院内保育所「ちゅうりっぷ園」で節分の豆まきが行われました。子どもたちは、手作りのお面をかぶり元気よく赤鬼・青鬼に向かって豆を投げていました。怖い思いをして自分の中にいる泣き虫鬼も退治した子どもたちは、しっかり厄払いができました。明日からの1年も良い年になりそうです。


いぶすき菜の花マラソン

H28.1.18 更新

1月10日(日)第35回いぶすき菜の花マラソン大会が開催されました。日本で一番早いフルマラソン公認コースの市民マラソンで知られ、コース沿いの黄色い絨毯を広げたような菜の花畑が有名です。今大会は国内外から特別招待選手を含む17,522名がエントリーし、曇り空気温13℃午前9時一斉にスタートしました。約2000人のボランティアと市民総出の応援の中、当院の職員も参加しました。


クリスマスバイキング

H27.12.29 更新

12月25日(金)回復期リハビリテーション病棟でクリスマスバイキングが行われました。限られた品数と設備のバイキングではありますが、患者さん方は楽しいひとときを過ごされた様子でした。バイキングメニュ−は以下のとおりです。

<ご飯>☆カップ寿司☆トマトリゾット
<メイン料理>☆ローストチキン☆サーモンのクリームソース☆フライ盛り合わせ☆グリーンサラダ&ポテトサラダ☆コーンスープ
<デザート>☆ババロアとみかんゼリーの2層カップデザート☆ロールケーキ


クリスマスコンサート

H27.12.23 更新

12月16日(水)総合リハビリセンターにて毎年恒例のクリスマスコンサートを開催しました。園児の踊りやダンス、ちびっこ玉三郎聖弥君の舞踊など大盛況のコンサートになりました。プログラムは以下のとおりです。

ちゅうりっぷ園:
  園児踊り・ダンス
新星会総合企画:
  踊り・五つ太鼓・ちびっこ玉三郎聖弥君
がん関連委員会:
  ハンドベル


年末全体清掃

H27.12.23 更新

12月15日(火)17:10より年末全体清掃を行いました。サービス向上委員会の職員が中心になり月2回ボランティア清掃行っていますが、今回は年末ということで病院周辺や駐車場内を全職員で清掃しました。昨日からの雨も上がった曇り空の中、街路樹の枝葉や資源ごみなど約30分かけて拾いました。


防災訓練

H27.12.23 更新

12月15日(火)15:30より防災訓練があり、今回は夜間に2階中央材料室のボイラーより出火したという想定で行われました。全館非常ベルにより、現場を確認した警備員から連絡を受けた事務当直者が、消防署へ通報した後に非常放送を行う訓練や、火災報知器の作動を知った当直職員の初期消火活動、3階東病棟からの患者誘導などを訓練しました。


ちゅうりっぷ園生活発表会

H27.12.23 更新

12月12日(土)第23回ちゅうりっぷ園生活発表会が、薩摩川内市総合福祉会館で行われました。園児たちは毎日コツコツと練習してきた歌や踊り、劇などを披露しました。会場は園児たちの精一杯の発表に、驚きや感動の大きな拍手に包まれました。


感染対策委員会主催研修会

H27.12.3 更新

11月24日(火)17:30より当院会議室・実習棟に於いて、感染対策委員会主催の全体研修会が行われました。今回は、講師に日本感染管理支援協会理事長の土井英史先生をお迎えして、「全職員で取り組む感染対策〜何かが起こる前に対処する〜」をテーマにご講演いただきました。約1時間のユーモアと熱意あふれるご講演に、感染対策の大切さを再認識させていただきました。


職員バレー大会

H27.11.20 更新

11月14日(土)川内アリーナにて職員バレーボール大会を開催しました。およそ160名の職員が参加するなか8部署で競い合い、決勝戦では熱戦が繰り広げられましたが、見事4階西病棟チームが優勝しました。

優勝 ? 4階西病棟
準優勝 ? 外来


クリニカルパス大会

H27.11.20 更新

11月11日(水)クリニカルパス委員会主催「クリニカルパス大会」が開催されました。各部署より1年間取り組んだ事例の発表があり、そのあとはグループに分かれ実際の症例を用いて、クリニカルパス用紙と診療行為に相違がないかディスカッションを行いました。多職種の参加により委員の盲点を突く意見があり、クリニカルパスにあまり関わりがない職員も興味が湧く大会になりました。


愛の献血

H27.11.20 更新

11月5日(木)正面玄関前において献血バスによる団体献血がありました。当院では毎年、春と秋の年2回協力させていただいています。当日は秋寒の中、職員や地域住民の皆様に多数ご協力いただきました。


サービス向上委員会主催研修会

H27.10.28 更新

10月19日(月)17:30より当院会議室・実習棟に於いてサービス向上委員会主催の研修会が行われました。今回は、株式会社アステム様より「コミュニケーション」をテーマに、コミュニケーションで大切なことやコミュニケーション技術について約1時間の研修を行いました。


第26回市民病院学術発表会

H27.10.28 更新

10月14日(水)17:30より当院会議室・実習棟に於いて市民病院学術発表会が開催され、看護部、診療部、医局より6組の発表がありました。当院職員166名の参加者があり、約2時間の充実した発表会となりました。次回は来年4月に開催予定です。

<演題一覧>(発表順)
●看護部
1.「当院におけるDCT(糖尿病ケアサポートチーム)の
  取り組みの現状と課題」
2.「在宅で人工呼吸器療法・経管栄養を行うことになった
  家族指導の一例を通して」
  〜急性期から在宅復帰を視野に入れてケアすることの重要性〜

● 診療部
1.「仮想超音波アプリケーションの使用経験」
2.「こころとからだのリハビリテーション
  〜作業療法士の役割と当院の取り組み〜

●医局
1.「急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン2013」
  (Tokyo Guideline 2013)と実施臨床
2.当科における橋本脳症の臨床的特徴


市民公開講座

H27.9.30 更新

9月26日(土)薩摩川内市国際交流センターにて、第3回市民公開講座を行いました。今回は整形外科部長永吉隆作医師より「知っておきたい背骨のはなし」〜手足の痛み・しびれを感じたら〜というテーマで講演がありました。相談コーナーや講演会場に、市民の皆様をはじめ約350名の方が受講されました。次回も、当院市民公開講座に多くのご参加をお待ちしております。


ちゅうりっぷ園運動会

H27.9.19 更新

9月12日(土)院内保育所の園庭にて、第23回ちゅうりっぷ園運動会が開催されました。運動会日よりの秋晴れの中、子供達は少し緊張ぎみでしたが、自分たちが今まで頑張って練習してきた成果を見てもらおうと、立派にやり遂げました。かけっこ、親子リレー、ダンスや組体操など、たくさんの競技に大盛り上がりの運動会になりました。


救急HCU運営委員会講演会

H27.9.19 更新

9月11日(金)17:15より薩摩川内市総合福祉会館にて、救急HCU運営委員会主催の講演会が行われました。今回の講演は、杏林大学医学部付属病院看護部長の道又元裕先生をお迎えして、「早期離床」をテーマに多職種連携による早期離床の鍵についてご講演いただき、院内外より218名の参加がありました。


職場体験

H27.9.15 更新

9月8日〜10日の3日間、川内南中学校2年生の女子3名が当院で職場体験をしました。体温・脈拍・血圧の測定方法や感染予防の手洗い、病棟での患者さんへの配膳・下膳の看護体験など、当院の各部署でいろいろな体験をしてもらいました。身近な職業である当院での職場体験で、将来の進路や職業の実現に役立ててもらいたいと思います。


集団救急事故訓練

H27.9.15 更新

9月9日(水)「救急の日」、高速船甑島川内港ターミナルにて薩摩川内市消防局主催による集団救急事故訓練が行われました。この訓練は救急医療週間の行事として毎年行われているもので、今回は高速船甑島が航行中に漂流物に衝突し、負傷者が多数発生したと想定する訓練でした。当院からも医師や看護師が参加し、トリアージ訓練や救急処置訓練を本番さながらの緊張した面持ちで行う姿が見られ、関係機関と連携強化を図りました。


糖尿病勉強会

H27.9.4 更新

8月28日(金)17:30より2階会議室にて、DCT委員会主催の医療者向け糖尿病勉強会が行われました。血糖測定に使っている機器(SMBG)の使い方の説明や測定時の注意点、上手に測るためのコツなど実技を交えて、糖尿病について学びました。


清掃ボランティア

H27.8.28 更新

8月26日(水)17:00より清掃ボランティアが行われました。サービス向上委員会の職員で月2回行っていますが、今回は台風15号が薩摩半島に接近した影響もあり、臨時で病院敷地内や周辺を全職員で清掃しました。台風一過の晴天の中、強風に飛ばされてきた街路樹の枝葉や資源ごみなど、大量のごみを拾いました。


職場体験

H27.8.7 更新

7月28日〜30日の3日間、れいめい中学校2年生の女子4名が当院で職場体験をしました。ちゅうりっぷ園の園児とのふれあいやリハビリセンターの見学、看護部では体温・脈拍・血圧の測定方法や感染予防の手洗い、病棟での配膳・下膳など、各部署で色々な体験をしてもらいました。


七夕バイキング

H27.7.8 更新

7月7日(火)七夕に合わせた昼食バイキングを回復期リハビリテーション病棟で開催しました。カップ寿司や星コロッケの入ったオードブル盛り、デザートに2色ゼリーなど、七夕気分を楽しめるメニューが並びました。今回のメニューは以下の通りです。
<ご飯・麺・オードブル>
☆カップ寿司☆ぶっかけそうめん☆とんこつ風☆鯵の南蛮漬け☆星コロッケ☆串焼き☆タコ焼き☆とうもろこし☆サラダ
<デザート>
☆フルーツポンチ☆2色ゼリー☆季節の和菓子など


七夕まつり

H27.7.8 更新

7月4日(土)ちゅうりっぷ園七夕まつりが行われました。子供たちは浴衣や甚平の涼しげな姿になって合奏やハンドベル、お遊戯や盆踊りを一生懸命しました。その後の食事会では、流しそうめんやスイカの器に入ったフルーツポンチなど、七夕まつりをみんなで楽しみました。


新人職員一泊研修

H27.6.6 更新

5月30〜31日、いちき串木野市にある観音ヶ池市民の森交流センターで新人職員一泊研修が行われ、新人18名・職員7名の総勢25名が参加しました。新人職員は教育ゲームや事例検討のグループワーク、ウォークラリーなどで他職種職員との交流を図りました。また夕食後、現在の自己の悩みや課題、うれしかったことについて座談会があり、必要とされる協調性やチーム医療について学びました。


MBC南日本放送取材

H27.6.6 更新

5月27日(水)MBC南日本放送の方々が取材に来られました。当院は子育て応援企業に登録しており、当院の仕事と子育ての両立支援への取り組みや、保育所を利用している職員の働く様子と保育所利用についてのインタビュー、保育所内の様子などを取材されました。6月13日(土)11:15放送「ふるさとかごしま」で紹介される予定です。


北薩がん医療ネットワーク

H27.5.26 更新

5月22日(金)19:00より当院会議室において第19回北薩がん医療ネットワークが開催され、講演終了後ディスカッションも行われました。
講演内容は以下の通りです。
●講演1
「アブストラル舌下錠適正使用のための取り組み」 済生会川内病院
●講演2
「がん患者におけるソリューション ファーカスト アプローチ 〜死後の語り、アフター ザ ミラクルへの着目〜」 出水郡医師会広域医療センター
●講演3
「化学療法中の食欲低下に応じた食事の工夫
〜栄養課の取り組み「ひだまり食」の作成〜」 川内市医師会立市民病院


春の遠足

H27.5.26 更新

5月16日(土)ちゅうりっぷ園の「春の遠足」がありました。あいにく雨天のため予定していた「平川動物公園」から「かごしま水族館」に変更になりましたが、バスに約1時間乗って水族館に到着した園児たちは、いろいろな海の生き物やイルカショーを見たり、家族でお弁当を食べたりと楽しい一日遠足になったようです。


鯉のぼり

H27.4.30 更新

4月28日(火)回復リハビリテーション病棟のナースステーション前を3匹の鯉のぼりが元気に泳いでいます。5月5日の子どもの日を目前に病棟スタッフが揚げました。連休中も病院で過ごす患者さん達や、ナースステーション前を通られる方々の目を楽しませてくれると思います。


第25回市民病院学術発表会

H27.4.18 更新

4月14日(火)当院会議室・実習棟に於いて市民病院学術発表会が開催され、診療部、看護部、医局より6組、特別枠で事務部より1組の発表がありました。院内外合わせて187名の参加者のなか、質疑応答を含めて約2時間の発表会となりました。次回は10月に開催予定です。
<演題一覧>(発表順)
1.薬剤部
「心原性脳塞栓症二次予防における当院の抗凝固薬の使用状況」
2.システム資材管理室
「電子カルテ 病棟無線LANのリンクレート調査 -ツールを利用しての調査報告-」
3.回復期リハビリテーション病棟
「退院支援の充実を目指して〜TMシート作成・活用を目指して〜」
4.3階東病棟
「安全な術後早期離床のためにSIRSは有用な指標となりうるか」
5.麻酔科
「ERAS時代の周術期管理」
6.呼吸器内科
「モザバプタン塩酸塩が奏功した小細胞肺癌によるSIADHの一例」
特別枠 事務部用度係
「用度係の役割と今後の展開」


愛の献血

H27.4.18 更新

4月13日(月)正面玄関前において献血バスによる団体献血がありました。当院では毎年、春と秋の年2回協力させていただいています。当日は小雨の中、職員や地域住民など25名の皆様にご協力いただきました。


開院記念式典

H27.4.4 更新

4月1日(水)開院記念式と辞令交付式が行われ、新人職員43名に院長より辞令が交付されました。また、永年勤続表彰式では勤続20年2名、10年13名に感謝状と記念品の贈呈が行われました。


防災訓練

H27.4.3 更新

3月30日(月)防災訓練があり、厨房のコンロ付近から出火したという想定で行われました。リハビリ中の患者さんは避難所へ誘導し、病棟の患者さんは非常階段より避難所へ避難しました。また、防災側非常階段前にて、消防機器業者による避難器具の操作説明があり、実際に要救護者役の職員を非常階段から搬送する訓練も行いました。


卒園式

H27.4.3 更新

3月28日(土)院内保育所にて第21回保育証書授与式が行われ、立派に成長した3名の園児が保育証書を受け取りました。ちゅうりっぷ園での楽しい思い出を胸に、小学校でもよく遊びよく学び、たくさんの友達をつくって欲しいです。ご卒園おめでとうございます。


お別れ会

H27.4.3 更新

3月26日(木)ちゅうりっぷ園でお別れ会が行われ、犬のおまわりさんなどの劇や妖怪ウォッチのようかい体操をしました。最後にみんなで色とりどりの種類豊富な料理をバイキングで楽しみました。


清掃ボランティア

H27.3.20 更新

3月17日(火)17時15分より清掃ボランティアが行われました。毎月2回第1、第3火曜日にサービス向上委員会の職員が中心になって行っています。今回も多数の職員の参加があり、病院敷地内や周辺のゴミ拾いを行いました。


回復病棟レクリエーション

H27.3.20 更新

3月14日(日)リハビリテーション病棟で、患者さんと病棟スタッフによる毎月1回のレクリエーションが行われました。今回は、春にちなんで桜の木の貼り絵を行い、病棟内の壁に満開の貼り絵の桜をみんなで咲かせました。近隣の桜の木が満開なる日が待ち遠しいです。


お別れ遠足

H27.3.20 更新

3月12日(木)ちゅうりっぷ園のお別れ遠足が行われました。遠足日和の晴天のもと、ちゅうりっぷ園から日笠山の頂上まで、およそ3キロメートルの道のりを一生懸命に登りきりました。山頂に到着した園児たちは、近くを探検したり展望台からの市内の眺めを楽しんだ後に、お弁当やおやつをたくさん食べました。思い出いっぱいの楽しい遠足になったようです。


職場実習

H27.3.12 更新

リハビリテーション学科の大学生・専門学校生6名が1月から3月の期間に、3週間から8週間当院で実習をしました。実習内容は、日ごろなかなか患者さんに触れる機会がない学生が実際に患者さんに触れる臨床実習です。当院では、学校で学んだ知識と臨床像を結び付けられるような指導や、細かな触り方と手を触れる位置等の指導をしています。実習した学校は以下の通りです。

<学校名>
・大分リハビリテーション専門学校
・鹿児島医療技術専門学校
・鹿児島第一医療リハビリ専門学校
・九州看護福祉大学


ひなまつり

H27.3.5 更新

3月3日(火)ちゅうりっぷ園では、ひなまつりのお祝いをしました。ひなまつり由来のお話を聞き、パネルシアターなどで楽しんだ後は、小さなお内裏様とお雛様になって写真撮影をしました。楽しいひなまつり会となりました。


職場体験

H27.2.26 更新

2月20日(金)、薩摩川内市川内中央中学校2年生の女子3名、男子1名が当院で職場体験をしました。体温・脈拍・血圧の測定方法や感染予防の手洗い、院内見学や医師へのインタビューを体験してもらいました。


豆まき

H27.2.5 更新

2月3日(火)ちゅうりっぷ園で節分の豆まきが行われました。追い回す赤鬼・青鬼の迫力にたまらず泣き出す子どもたちも、勇気を出して一生懸命鬼に向かって豆を投げていました。豆まきで邪気を払い福を呼び込んで、子どもたちは今年も良い一年になりそうです。


菜の花マラソン

H27.1.14 更新

1月11日(日)第34回いぶすき菜の花マラソン大会が開催されました。絶好のマラソン日和の中、国内外から特別招待選手2名を含む19,364名がエントリー。鮮やかな満開の菜の花と市民ボランティアによる応援の中、当院からも大勢の職員が参加しました。


クリスマスバイキング

H26.12.29 更新

12月25日(木)回復期リハビリテーション病棟でクリスマスバイキングが行われました。
<ご飯>☆パエリア☆カップ寿司
<メイン料理>☆ミートローフ☆フライの盛り合わせ☆リースサラダ☆ミネストローネ
<デザート>シュータワー☆フルーツポンチ
以上8種類の食事をご用意し、特別な昼食にクリスマスを楽しむ患者さんの姿が見られました。


クリスマスコンサート

H26.12.19 更新

12月16日(火)総合リハビリテーションセンターにて毎年恒例のクリスマスコンサートを開催致しました。プログラムは以下のとおりです。
合唱・合奏・ダンス ちゅうりっぷ園
舞踊1 チビたま「聖弥君」
太鼓  新星会総合企画
舞踊2 チビたま「聖弥君」
ダンス 新星会総合企画・リハビリスタッフ他
ハンドベル がん関連委員会


ちゅうりっぷ園生活発表会

H26.12.16 更新

12月13日(土)第22回ちゅうりっぷ園生活発表会が、薩摩川内市総合福祉会館で行われました。園児たちは日ごろ一生懸命練習してきた歌や踊り、劇などを披露し、会場は大きな拍手に包まれました。


職場体験

H26.11.12 更新

11月5日(水)より3日間、鹿児島県立川内商工高等学校2年生の女子2名、男子1名が当院で職場体験をしました。病棟での配膳やリハビリセンターでの作業と訓練の見学、電気治療の体験など各部署でさまざまな体験をしてもらいました。


愛の献血

H26.11.7 更新

11月5日(水)、正面玄関前において当院職員や地域住民の方々を対象とした献血が行われました。当院での献血は年2回、毎年4月と10月に行っています。今回も多数の職員が献血に協力しました。


はんや祭り

H26.11.7 更新

川内はんや祭りは「川内ハンヤ節」「川内はんや」「音頭せんだい」にあわせて、約5,000人の踊り連が街を練り歩くお祭りです。今年も11月2日(日)国道3号で行われ、当院の踊り連も参加しました。


自衛消防隊消火競技大会 優勝

H26.10.28 更新

10月23日(木)「自衛消防隊消火競技大会」が、川内総合グラウンド駐車場にて行われました。当院からは医師・看護師など男女6名、2チームが参加し、【屋内消火栓の部】で優勝、【消火器女子の部】は3位と好成績を収めることができました。


職員バレー大会

H26.10.28 更新

10月20日(月)川内アリーナにて職員バレーボール大会を開催しました。およそ200名の職員が参加するなか、10部署で競い合いました。決勝戦では熱戦が繰り広げましたが、残念ながら、時間終了となり外来と4階東病棟のW優勝となりました。
優勝 ► 外来・4階東病棟
3位 ► 事務部・医療技術部


健康フェスタ

H26.10.22 更新

10月18日(土)薩摩川内市総合福祉会館で行われた健康フェスタに当院の看護師と栄養士が参加し、栄養・健康相談コーナーに訪れた方々に、血圧測定や栄養指導を行いました。


第24回市民病院学術発表会

H26.10.9 更新

10月14日(火)当院会議室・実習棟に於いて市民病院学術発表会が開催され、診療部、看護部、医局より6組の発表がありました。院内外合わせて171名の参加者のなか、質疑応答を含めて約2時間、充実した発表会となりました。次回は4月に開催予定です。
 演題一覧(発表順)
1.4階東病棟
 「コンプライアンスの低い患者のスキンケアの関わりの一例を通して」
2.緩和ケアチーム
 「急性期病院でのグリーフケアの現状と取り組み」
3.臨床検査課
 「当院脳神経外科手術における新たな検査業務〜術中脳神経機能モニタリング〜」
4.栄養管理部
 「当院のNST(栄養サポートチーム)の現状と課題」
5.整形外科
 「上腕骨顆上骨折後に遅発性の橈骨神経麻痺を来した1例についての検討」
6.放射線科
 「HCC破裂に対してTACEを行った2例 -予後因子の検討-」


第2回市民公開講座

H26.10.9 更新

10月3日(金)薩摩川内市総合福祉会館で市民公開講座を開催し、112名の方が受講されました。
循環器内科の新里拓郎医師より「心臓病にならないためには」と題して心臓病の症状や治療、再発・予防についての講演がありました。
また、今回は講演前に血圧測定や栄養相談コーナーも設け、市民の皆様が体験される姿がみられました。
今後も、市民公開講座に多くのご参加をお待ちしております。

 

 


ちゅうりっぷ園運動会

H26.9.19 更新

9月13日(土)鹿児島純心女子大学付属純心幼稚園の体育館にて、第22回ちゅうりっぷ園運動会が開催されました。かけっこや親子リレー、ダンスや組体操などたくさんの競技に多くの歓声がわき、大いに盛り上がりました。

 

 


職場体験

H26.9.6 更新

9月3日(水)より3日間、川内南中学校の2年生3名が当院で職場体験をしました。病棟での配膳やリハビリセンターでの歩行訓練、ちゅうりっぷ園など各部署でさまざまな体験をしてもらいました。

 

 


全体清掃

H26.8.20 更新

8月19日(火)17時よりサービス向上委員会主催による清掃作業が行われました。終業後の限られた時間でしたが多数の職員が参加し、草刈りやごみ拾いなどを行いました。

 

 


職場体験

H26.8.1 更新

7月30日(水)れいめい中学校の女子生徒4名が当院で職場体験がありました。感染予防の手洗いや患者さんへの配膳・下膳など看護師の体験をしてもらいました。

 

 


夏祭り

H26.7.16 更新

7月11日(金)がん関連委員会主催「夏祭り」がリハビリセンターで行われました。ちゅうりっぷ園のこども達やスタッフによる歌や踊りのあとは、そうめん流しやかき氷で涼を味わい、楽しい夏祭りを過ごしていただきました。

 

 


BASパス合同委員会

H26.7.16 更新

7月11日(金)BASパス合同委員会が川内市医師会立川内看護学校で行われ、運営状況や「あんしんノート」などについての報告と「t-PAの症例報告について」永野医師より特別講演が行われました。

 

 


七夕バイキング

H26.7.9 更新

7月7日(月)七夕に合わせた昼食バイキングを回復リハビリ病棟で開催しました。スイカの器のフルーツポンチや星コロッケの入ったオードブル盛りなど、見た目も楽しめるメニューが並び、病棟を彩りました。次回はクリスマスバイキングです。

 

 


七夕まつり

H26.7.9 更新

7月5日(土)毎年恒例のちゅうりっぷ園七夕まつりが行われました。お気に入りの浴衣や甚平に身を包んだ子供たちは合奏や盆踊り、流しそうめんやかき氷など七夕まつりをおおいに楽しみました。

 

 


春の遠足

H26.6.4 更新

5月31日(土)子どもたちが楽しみにしていた「春の遠足」があり、バスに乗り「平川動物公園」に行きました。お天気にも恵まれ、レクリエーションでは親子でダンスを踊ったり、手作りのお弁当を食べたりと楽しい一日になったようです。

 

 


新人職員一泊研修

H26.5.28 更新

5月24〜25日、霧島自然ふれあいセンターで新人職員一泊研修が行われ、新人23名・職員17名の総勢40名が参加しました。新人職員は教育ゲーム、事例検討グループワーク、ウォークラリー、座談会などをとおし他職種職員との交流を図り、チームワークの大切さなどを学びました。

 


愛の献血

H26.4.16 更新

4月14日(月)献血バスによる団体献血がありました。当院は春と秋の年2回、協力させて頂いています。当日は、職員や地域住民など35名の皆様にご協力頂きました。


第23回市民病院学術発表会

H26.4.16 更新

4月10日(木)当院に於いて市民病院学術発表会が開催され、脳神経外科、循環器内科など各部署より6組の発表がありました。院外併せて169名の参加のなか、今回は「臓器提供」「SPD」「画像診断機器」についての特別講演も行いました。次回は10月に開催予定です。


リハビリセンターお花見

H26.4.14 更新

4月4日(金)隣接の社会福祉協議会駐車場にて恒例のリハビリセンターお花見が行われました。満開は過ぎたものの、青空からひらひらと舞い散る桜吹雪の中、合唱や職員のギター演奏などで患者さんも気分転換ができました。


開院記念式典

H26.4.2 更新

4月1日(火)開院記念式と辞令交付式が行われ、新人職員44名に院長より辞令が交付されました。また、永年勤続表彰式では勤続20年5名、10年22名に感謝状と記念品の贈呈が行われました。


卒園式

H26.4.1 更新

3月29日(土)、院内保育所にて第20回保育証書授与式が行われ、5名の園児が卒園しました。小学校に行ってもちゅうりっぷ園で過ごした日々を忘れずに、たくさんの友達をつくり楽しく過ごして欲しいです。ご卒園おめでとうございます。


クリニカルパス大会

H26.3.19 更新

3月12日(水)クリニカルパス委員会主催「クリニカルパス大会」が開催されました。各部署より1年間取り組んだ事例の発表があり、そのあとはグループに分かれて「カレーライス」パス作成を行いました。普段パスを使用しない事務職員などは美味しいカレーライスを作る為にパスを作成する事で、クリニカルパスとはどういうものなか理解することが出来たようです。


お別れ遠足

H26.3.19 更新

3月10日(月)晴天。絶好の遠足日和のなかもうすぐ卒園を迎える年長児ひまわり組さんとのお別れ遠足がありました。お兄ちゃん・お姉ちゃん組は寺山公園、それ以外の園児たちは近くの公園へ手を繋ぎ出発し、お弁当を食べたり、遊具で遊んだりと思い出深い一日となりました。


防災訓練

H26.3.6 更新

薩摩川内市消防局春季消防演習が2月28日(金)当院正面玄関および駐車場にて行われました。今回の出火場所は3階東病棟。逃げ遅れた要救助者をハシゴ車や救助工作車を使い救出しました。また、職員が3階から脱出シューターで脱出したり、消防局員が4階から地上までロープで降りる下降訓練を行うなど緊迫感に包まれた実戦さながらの演習になりました。


職場体験

H26.2.22 更新

2月18日から21日までの4日間、川内中央中学校の2年生4名が当院で職場体験をしました。病棟での配膳やリハビリセンターでの作業療法など各部署でさまざまな体験をしてもらいました。


オリンピックメニュー

H26.2.8 更新

2月7日(金)の昼食はソチオリンピック開催を記念したオリンピックメニューでした。ロシアの代表的料理“ビーフストロガノフ”やロシア風ポテトサラダの“オリヴィエサラダ”など色鮮やかな食卓となりました。


タオル帽子制作

H26.2.7 更新

2月4日(火)なでしこライオンズクラブの方々を講師に招き、タオル帽子を制作しました。この帽子は主に抗がん剤の副作用による脱毛に悩む患者さんの為に使用するものです。タオル1枚から作られる帽子はとてもかわいらしく、久々の針と糸に苦戦しながらも、みんな1時間で完成させる事ができたようです。


豆まき

H26.2.6 更新

2月3日(月)ちゅうりっぷ園で節分の豆まきが行われ、子どもたちは自分で作ったお面をかぶり、園に現れた赤鬼・青鬼に一生懸命豆を投げ、厄を落としました。良い一年が期待されます。


手話講習会修了者表彰式

H26.1.21 更新

1月17日(金)薩摩川内市手話奉仕員養成事業手話入門過程手話講習会修了者への表彰式が行われました。昨年5月〜12月まで計31回にわたる講習会を事務やリハビリ、放射線技師など多職種のスタッフが受講し、講習会を終了した13名へ院長より修了書が授与されました。


菜の花マラソン

H26.1.21 更新

市民ランナーに“走春”を告げる第33回いぶすき菜の花マラソン大会が12日、指宿市で開かれました。今年も、看護師や放射線技師など数名のスタッフがフルマラソンに挑戦。1万8316人の参加者の中、黄色の菜の花が彩る南薩路を思い思いのペースで駆け抜けました。


クリスマスバイキング

H25.12.28 更新

12月24日(火)回復期リハビリテーション病棟でクリスマスバイキングが行われました。ジャポン・ド・ノエル(カリフォルニアロール)やクリスマスキャロル(フライドチキン)など9種類の食事をご用意し、思いがけない昼食の登場にクリスマスを楽しむ患者さんの姿が見られました。


クリスマスコンサート

H25.12.28 更新

12月20日(金)総合リハビリテーションセンターにて毎年恒例のクリスマスコンサートを開催致しました。プログラムは以下のとおりです。
●合唱・合奏・ハンドベル 
 ちゅうりっぷ園
●演奏
 れいめい中学校管弦楽部
●尺八
 桐原大明氏
●ハンドベル
 がん関連委員会


鹿児島リレーマラソン

H25.12.17 更新

今年で第6回目をむかえる「鹿児島リレーマラソン」が 12月15日(日)に吹上浜で開催されました。当院からも医師、看護師など5名のスタッフが参加し、42.195キロを一丸となって1本のタスキをつなぎ、3時間22分46秒で見事ゴールしました。


ちゅうりっぷ園生活発表会

H25.12.17 更新

12月14日(土)第21回ちゅうりっぷ園生活発表会が、お隣の社会福祉協議会で行われました。園児たちは日ごろ一生懸命練習してきた歌や踊り、劇などを披露し、会場は大きな拍手に包まれました。


職場体験

H25.11.12 更新

11月6日から8日までの3日間、当病院に川内商工高等学校の2年生が職場体験に来られました。女子学生は各部所を見学・体験し、興味深そうに説明に聞き入っていました。


愛の献血

H25.11.8 更新

11月5日(火)当院、正面玄関前に献血車が来ました。春と秋の年2回、協力させて頂いています。当日は、職員や地域住民など、32人の皆様にご協力頂きました。


はんやまつり

H25.11.6 更新

第10回薩摩川内はんやまつりが11月2日(土)国道3号で行われ、51団体約3700人による総踊りに当院も参加しました。心配した雨もなんとか持ちこたえ、約2時間「川内ハンヤ節」「川内はんや」「音頭せんだい」の軽妙なリズムにのって街を練り歩きました。


職員バレーボール大会

H25.10.31 更新

10月28日(月)川内アリーナにて職員バレーボール大会が開催されました。およそ160名の職員が参加するなか、9部署で競い合い、外来チームが見事優勝しました。結果は以下のとおりです。
優勝 ▶ 外来
準優勝 ▶ リハビリセンター
3位 ▶ 3東病棟・4西病棟


自衛消防隊消火競技大会

H25.10.31 更新

10月25日(金)、薩摩川内市防火管理協会、薩摩川内市危険物安全協会の主催による「自衛消防隊消火競技大会」が、川内総合グラウンド駐車場にて行われました。当院からは【消火器男子の部】【屋内消火栓の部】に医師、看護師など男女6名が参加し、真剣に消火競技を行いました。


原子力総合防災訓練

H25.10.16 更新

10月11日、12日の2日間、九州電力川内原発(薩摩川内市)の過酷事故を想定した2日間にわたる国の原子力総合防災訓練があり、蒲生高校で行われたスクリーニングに当院から丸古医師、平・宝満看護師、武宮・薗田放射線技師が参加しました。武宮放射線技師は「120名でもスクリーニングは大変だった。実際は何千、何万という人数をスクリーニングするのは、とても大変だし、パニックになるのでは。今後も訓練が必要であると感じました。」と感想を述べました。


第22回市民病院学術発表会

H25.10.16 更新

10月10日(木)当院会議室・実習棟に於いて市民病院学術発表会が開催され、診療部、看護部、医局より6組の発表があり、神経内科・消化器内科医師より珍しい症例が発表され、熱心に聞き入る多くの参加者の姿がありました。次回は来年4月に開催予定です。


市民公開講座

H25.10.10 更新

10月3日(木)に社会福祉協議会で市民公開講座を開催し、103名の方が受講されました。
今回の公演は、脳神経外科の田實謙一郎医師より「脳卒中にならないためには?脳卒中になってしまったら?」と題して脳卒中の症状や治療、再発・予防についての内容でした。今後も、市民公開講座に多くのご参加をお待ちしております。


職場体験

H25.10.2 更新

9月25日から27日の三日間、川内南中学校の生徒さん4名が職場体験に来られ、院内の各部署を回り、様々な職種を体験しました。 職場体験を通じて感じたことなど、今後の生活に活かして頂けたらと思います。


川内大綱引き

H25.9.26 更新

9月22日(日)、400年以上の伝統を誇る県指定無形民俗文化財の川内大綱引きがありました。川内大綱引きで使用される綱は、全長365m、重さ6トンにも及び、名実ともに「日本一の大綱」です。当院からも10数名のスタッフが参加しました。


ちゅうりっぷ園 運動会

H25.9.18 更新

9月14日(土)院内保育所の園庭にて、第21回ちゅうりっぷ園運動会が開催されました。心配していた台風もそれ、秋晴れのなかでの運動会となりました。子どもたちは今まで練習してきた成果を発揮できるように、みんなで力を合わせていました。


集団救急事故訓練

H25.9.13 更新

9月11日(水)、当院・済生会川内病院・薩摩川内市消防局等が参加し、薩摩川内市の集団救急事故訓練が太平橋下流域川内川左岸にて行われました。
今回は走行中のマイクロバスが太平橋より落下し、多数の負傷者が出たという想定で、実際に事故車やクレーン車等を使い実施されました。
当院からは、川上医師・田医師・西川看護師・松山看護師・谷口事務員が参加し、救急隊や消防士等と協力して、トリアージを行いました。


救急医療講演会

H25.9.10 更新

9月6日(金)講師に気仙沼市立病院の脳神経外科科長であり宮城県災害医療コーディネーターの成田徳雄先生をお迎えし、救急HCU運営員会主催の救急医療講演会が行われました。「救急災害医療」をテーマに約1時間、興味深く聞き入る参加者の姿が見られました。


防災訓練

H25.9.10 更新

9月6日(金)3階西病棟と回復リハビリ病棟との連絡通路の非常階段で防災訓練が行われました。今回の訓練では専門業者の協力の下、実際に車いすやストレッチャーの患者さんを病棟から非常階段で搬送する訓練を行いました。参加職員は緊張感をもち一生懸命、防災訓練にあたりました。


メンタルヘルス講習会

H25.8.30 更新

社会保険労務士で産業カウンセラーの領家節子氏を講師に迎え、安全衛生委員会主催、医療安全管理室・パワハラ委員会共催による「メンタルヘルス対策」講演会が行われました。全3回シリーズの1回目となった8月26日(月)は「パワーハラスメントについて」とのタイトルのもと、168名の職員が参加しました。次回は11月開催予定です。


看護部親睦会

H25.8.23 更新

8月22日(水)、毎年恒例の"看護部カトレア親睦会"が開催されました。今年は十何年ぶりにスポーツ大会が復活し、フライングディスクを用いてドッジボールを行うドッチビーを行いました。結果は以下のとおりです。
 優勝  4階西病棟
 準優勝 4階東病棟
 3位  3階東病棟


職場体験

H25.7.31 更新

7月30日(火)当院にれいめい中学校男子生徒3名が職場体験に来院しました。午前中は教育看護師長より病院の説明や手洗いチェック等の指導をうけ、午後からは病棟で実際に患者さんと接しながら沐浴や配膳などを体験しました。


夏祭り

H25.7.22 更新

7月15日(水)リハビリセンターで階東病棟のスタッフを中心に夏祭りが行われました。そうめん流しやかき氷、ちゅうりっぷ園のこども達によるお歌や踊りなど、笑い声があふれる楽しい夏祭りとなりました。


地域ボランティア

H25.7.11 更新

7月6日(土)永利町の「さとのもり保育園」で開かれた七夕会で、当院の管理栄養士が「栄養たっぷり簡単mama’sご飯 レシピ」を紹介しました。野菜の残りを使ったECOベジタブルふりかけと、ひじき煮の余りを使ったミネラルパワーふりかけを、ご飯にのせ紹介すると園児たちは美味しそうにほお張っていました。


七夕会

H25.7.11 更新

7月6日(土)ちゅうりっぷ園駐車場において毎年恒例の七夕会が行われ、今年は竹を使ったそうめん流しをしました。上流の子どもたちがとっても上手に取るので、下流の子は最初食べられないことも・・・。でも、ちゃんとたくさん流れてきて、皆おなかいっぱい食べられました。その後、園庭に移動してかき氷やおにぎりを食べたり、お遊戯をしたりして七夕会は終了しました。


七夕バイキング

H25.7.11 更新

7月5日(金)回復期リハビリ病棟で七夕バイキングが行われました。ちらし寿司や煮物、フルーツ、ケーキ、ムース食などさまざまな料理が並ぶ中、最後にはスイカ割りをして、楽しい昼食となりました。


心肺蘇生講習会

H25.7.1 更新

救急外来運営委員会主催による心肺蘇生講習会が五日間に分けて行われました。当院のスタッフが救急救命士の協力のもと心肺蘇生法(人工呼吸と胸骨圧迫心臓マッサージ)やAED(自動体外式除細動器)の使い方など約3時間にわたり講習しました。大切な命を救うために必要な行動を迅速に途切れることなく行うため、今回の講習会で身に付けたことを活かしていきたいと思います。


回復病棟レクリエーション

H25.6.28 更新

回復期リハビリテーションの病棟スタッフが毎月1回行っているレクリエーションが6月23日(日)にありました。今回はあじさいのちぎり絵に加え、七夕の笹飾りを作成しました。一足早い七夕飾りの登場に患者さんやご家族は顔をほころばせていました。 願い事を込めた短冊の総仕上げは7月7日(日)に行います。


新人職員一泊研修

H25.5.27 更新

5/18〜19日、姶良市にあるさえずりの森で毎年恒例の看護部新人一泊研修が行われました。今回は総合リハビリテーション部からの新人参加もあり、新人7名、プリセプター4名、教育担当5名の計17名で参加しました。
教育ゲームや事例検討グループワーク、ウォークラリー、食事の準備などを通してチームで協力し合えば目的をクリアできるという達成感を味わい、座談会では共感しあえた仲間がいることに気づくことができたのではないかと思います。また、他職種職員との交流を図り、チーム医療の大切さを理解できたことは、今後の業務の活性化につながっていくと思います。


指宿トライアスロン

H25.5.21 更新

5月19日(日)指宿市で行われた指宿トライアスロンに当院より医師・看護師など17名のスタッフが参加しました。当日は風雨が吹き荒れましたが、リレーAコースでロベルタゴールドチームが優勝、リレーBコースでもロベルタレッドチームが準優勝と見事な成績を収めました。


春の遠足

H25.5.16 更新

5月11日(土)子どもたちが楽しみにしていた「春の遠足」があり、親子でバスに乗って「平川動物公園」に行きました。お天気が気になりましたが、子どもたちは色とりどりの合羽を着て、コアラや象など多くの動物を興味深そうに見たり触れたりし、楽しい一日となりました。

講演会

H25.4.26 更新

4月23日(火)福元法律事務所の福元先生を講師に迎え、診療録管理委員会・医療安全管理室・倫理委員会・川内市医師会共催による講演会が行われました。「弁護士の立場から見た医療安全管理」というタイトルのもと、院内137名、院外73名と多数の参加があり、充実した講演会となりました。


第21回市民病院学術発表会

H25.4.13 更新

4月10日(水)当院会議室・実習棟に於いて市民病院学術発表会が開催され、診療部、看護部、医療技術部、栄養管理部より6組の発表がありました。今回は関口看護顧問より「機能評価に向けて」という題目で特別講演も行われ、熱心に聞き入る職員の姿がみられました。次回は10月に開催予定です。


愛の献血

H25.4.9 更新

4月8日(月)、正面玄関前において当院職員や地域住民の方々を対象とした献血が行われました。この献血は年2回、毎年4月と10月に行っています。今回も多数の職員が献血に協力することができました。

 

 


開院20周年祝賀会

H25.4.9 更新

当院は、平成5年にここ永利の地に新築移転し、今年で20周年を迎えることができました。4月6日(土)感謝の気持ちを込めて、ホテルグリーンヒルで「開院20周年記念祝賀会」を開催致しました。
式典では多くの方にご祝辞をいただいた他、川内中央中学校の吹奏楽部の演奏や、前身である川内市中央病院から現在までの思い出を振り返るDVD上映などが披露されました。
およそ180名の参加者の中、大変盛大で楽しい、感動的な式典となりました。

 


開院記念式典

H25.4.2 更新

当院の開院記念日は4月1日です。今年は開院20年目という節目の年となります。式典では職員へ向けて院長からの訓示があり、その後新入社員29名に辞令が交付されました。また、永年勤続者表彰式では、勤続20年目14名、10年目18名と計32名の職員に院長より感謝状と記念品が授与されました。

 


看護必要度研修会

H25.3.29 更新

3月27日、2階会議室に於いて看護業務検討部会による研修会が開催されました。これは看護師を対象に年2回行われ、昨年必要度研修を受講した3西病棟の2名が講師として伝達を行いました。臨床に活かせる内容に56名の参加者は熱心に聞き入っていました。

 


回復病棟レクリエーション

H25.3.29 更新

リハビリテーション病棟では病棟スタッフによるレクリエーションを毎月1回行っています。3月23日は例年よりも少し早い桜の満開に合わせてデイルームにてちぎり絵を行いました。病棟内に咲いた満開の桜に患者さん方は顔をほころばせていました。

 


卒園式

H25.3.29 更新

3月23日、院内保育所ちゅうりっぷ園にて第19回保育証書授与式が行われ、5名の園児が卒園しました。5人は4月、それぞれの小学校へと旅立ちます。今まで以上に元気に遊び、勉強をしてたくさんの友達をつくってください。ご卒園おめでとうございます。

 


防災訓練

H25.3.16 更新

3月15日、防災訓練があり、夜間の医局から出火したという想定で3階東病棟の患者の回復病棟への避難を行いました。また、今回は消火器訓練・放水訓練も行われ、消防機器業者の説明を熱心に聴く職員の姿がみられました。

 


お別れ遠足

H25.3.16 更新

3月13日、お別れ遠足がありました。当日はあいにくの空模様でしたが、午前中に降り出すことはなく、恒例の日笠山に登ることが出来ました。昼からの雨を避け早目に園に到着。キャラクター弁当や大好物のおかずがぎっしり入ったお弁当を美味しく頂きました。

 


ボランティア

H25.3.4 更新

放射線室の前にある中庭は「微笑みの園」と名付けられ季節の花が飾られています。3月2日(土)川内なでしこライオンズクラブのメンバー7名が中庭の清掃ボランティアに来院され、パンジーやマーガレットなど春の花が植えられました。

 


ひなまつり

H25.3.4 更新

3月3日はひな祭りです。ちゅうりっぷ園では少し早目の3月1日(金)にひなまつりのお祝いをしました。ペープサートでひなまつりのお話を聞き、宝探しゲームなどで楽しんだ後は、小さなお内裏様とお雛様になって写真撮影。楽しいひなまつり会となりました。

 


職場体験

H25.2.25 更新

2月18日より22日の5日間、川内中央中学校の生徒3名の職場体験を行いました。当院では、生徒たちにとって働いている現場を自分の眼で見ることにより、働くことの厳しさや喜び、礼儀の大切さを体験的に学び、また、自分の特性や将来の展望につなげていくきっかけとなるよう、指導しております。

生徒たちの将来の夢のために少しでもお役に立てるよう、今後も継続していきたいと思います。

 


ワーク・ライフ・バランスポスター表彰式

H25.2.6 更新

当院では、仕事と生活の調和がとれるように、職員と病院が協調しながら、働きやすい職場環境づくりに努めるワーク・ライフ・バランス活動を推進しています。今回、この活動の一環として「ワーク・ライフ・バランス ポスターコンクール」を行い、2月4日に表彰式がありました。入賞者は下記のとおりです。
金賞 3西病棟 溝口さん
銀賞 リハビリセンター 芝さん
銅賞 手術室 小牧さん
   医療安全管理室 城ノ下さん 中野さん
特別賞 手術室 寺崎さん

 


クリニカルパス大会

H25.1.31 更新

当院ではパス推進活動の1つとして毎年パス大会を企画しており、今年度は1月29日(火)に会議室にて開催されました。全部門のスタッフが参加して、パス充実における情報提供の充実の活動報告、パスの現状、実用的なマニュアル変更にむけて、日々のアウトカム・バリアンス分析、地域連携パスの運営状況の発表が行われ、院内51名・院外6名の参加がありました。

 


菜の花マラソン

H25.1.15 更新

新春の薩摩路を駆ける第32回いぶすき菜の花マラソン大会が13日、指宿市で開催され、当院より十数名のスタッフが参加しました。過去最多の1万8573人の参加者のなか、雨にぬれた菜の花が彩るコースをひた走り、大雨と強風にさらされながらも、無事完走することができました。