整形外科:診療目標

地域医療支援病院としての役割を果たすべく、薩摩川内地区の外傷をはじめ慢性疾患に到るまで、幅広い分野の整形外科治療に取り組む。 最小侵襲手術を積極的に取り入れ、Quality of lifeに直結した医療を目指す。

スタッフ

■神囿 純一(カミゾノ ジュンイチ):主任部長
鹿児島大学 平成12年卒
[専門医]
・日本整形外科学会整形外科専門医
[所属学会]
・日本整形外科学会
・西日本整形災害外科学会
・日本股関節学会
・日本人工関節学会
・日本関節痛学会
・日本リウマチ学会 ・九州リウマチ学会
・日本骨粗鬆症学会
■嶋田 博文(シマダ ヒロフミ):部長
島根医科大学 平成14年卒
[専門医・認定医]
・日本整形外科学会整形外科専門医
・日本整形外科学会認定リウマチ医
[所属学会]
・日本整形外科学会
・西日本整形災害外科学会
・日本リウマチ学会
・日本骨折治療学会
■上薗 直弘(ウエゾノ ナオヒロ)
産業医科大学 平成17年卒
 [専門医・認定医]
・日本整形外科学会整形外科専門医
・認定産業医
[所属学会]
・日本整形外科学会
■吉井 理一郎(ヨシイ リイチロウ)
国立滋賀大学 平成21年卒
[専門医]
・日本整形外科学会整形外科専門医
[所属学会]
・日本整形外科学会
・西日本整形災害外科学会
・日本骨折治療学会

診療内容

骨折などの外傷性疾患を中心に、四肢関節・脊椎など整形外科全般にわたる疾患の診察・治療に当たっています。特に近年の高齢化に伴い、大腿骨近位部骨折の患者様が多く、手術症例も増加している傾向にあります。

●骨折手術
高齢者に多い大腿骨近位部骨折は92例と当科手術総数の約1/3を占めており、早期手術・早期離床を心がけています。骨折型・年齢・受傷前の歩行能力等により骨接合術・人工骨頭挿入術の適応を決めています。

  1. 大腿骨転子部骨折骨接合術
    骨折した部位をγネイルやCHS等の内固定材料を用いて固定する手術です。通常、術後数日で起立・歩行訓練を開始しています。

    《CHS》

    《γ―ネイル》
  2. 人工骨頭挿入術
    骨折した部位を金属製の人工骨頭に置き換える手術です。術後数日で起立・歩行訓練を開始しています。

    《左人工骨頭挿入術後レントゲン》

●関節手術

  1. 人工股・膝関節置換術
    変形性関節症、関節リウマチなどの股関節・膝関節疾患に対して、関節全体を金属製の人工関節で置き換える手術です。ほとんどの症例で予想される出血に備えて、術前に自分の血液を貯め、術中・術後に使用する自己血輸血を行っています。

    《右人工股関節置換術術後レントゲン》

    《右人工膝関節置換術術後レントゲン》
  2. 関節鏡視下手術
    特に膝関節の半月板損傷に対する半月板切除・縫合術、靭帯断裂に対する靭帯再建術は関節鏡を用いて行い、早期リハビリを可能にしています。

    《半月板損傷の関節鏡所見》

    《半月板切除後》

●脊椎外科
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症等に対しては顕微鏡を用いて行う小侵襲手術を取り入れています。

診療実績

平成25年度の手術総数は358例でした。主な手術件数は以下の通りです。

年度 19 20 21 22 23 24 25 26 27
外傷
外科
上肢骨折手術 50 72 51 33 43 50 51 54 75
下肢骨折手術 93 105 104 113 99 85 95 92 126
関節
外科
股関節 人工関節置換術 8 10 10 7 9 5 13 13 11
人工骨頭挿入術 30 24 21 19 18 22 20 25 38
膝関節 人工関節置換術 6 5 5 4 10 22 22 13 24
関節鏡視下手術 20 19 24 19 7 5 6 3 0
脊椎
外科
頚椎手術 2 8 5 7 13 10 21 17 15
胸椎・腰椎 11 13 17 7 67 51 46 81 105
総数(その他含む) 336 346 324 286 327 303 358 400 474


▲ ページトップへ