循環器内科:診療目標

  1. 積極的な救急患者の受け入れ
  2. 365日24時間のオンコール体制
  3. 確実、迅速な診断、治療
  4. 症例ごとに適切な治療法の選択
  5. 入院期間の短縮
  6. 地域医療機関との入退院、転院の緊密な連携
  7. 高次医療機関(心臓血管外科施設併設病院;鹿児島大学病院、鹿児島医療センター)との緊密な連携

循環器疾患は、急性心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患や重症心不全ならびに不整脈など、可及的速やかな診断ならび治療が必要な領域です。
また、重症疾患は、高次医療機関との緊密な連携が欠かせません。
当院は地域支援病院の指定を受け、当該市内のみならず近隣施設との連携を密にしています。


スタッフ

■新里 拓郎(シンサト タクロウ):主任部長
鹿児島大学 平成9年卒
[指導医・専門医・認定医]
・日本内科学会認定医制度研修医指導医
・日本循環器学会循環器専門医
・日本脈管学会認定脈管専門医
・日本内科学会認定内科医
[所属学会]
・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心臓病学会
・日本心血管インターベンション治療学会
・日本脈管学会
・日本心臓リハビリテーション学会
・日本心不全学会
■宮内 栄治(ミヤウチ エイジ)
鹿児島大学 平成20年卒
[認定医]
・日本内科学会認定内科医
・日本心血管インターベンション治療学会認定医
[所属学会]
・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心臓病学会
・日本心血管インターベンション治療学会
・Japan Endovascular Treatment Conference(JET)
■有川 朋芳(アリカワ トモヨシ)
金沢医科大学 平成18年卒
[所属学会]
・日本内科学会
・日本循環器学会
■鎌田 博之(カマダ ヒロユキ)
鹿児島大学 平成25年卒
[認定医]
・日本内科学会認定内科医
[所属学会]
・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本不整脈心電学会
・日本心臓病学会

外来診療対象疾患ならびに診療体制

外来対応疾患は、虚血性心疾患、心不全、心臓弁膜症、心筋症、不整脈、動脈瘤や生活習慣病など。外来は、月水金の午前中に対応しています。
火木は終日検査治療を行っていますが、緊急の場合はこの限りではありません。

入院:病棟

呼吸器内科ならびに放射線科との混合病棟(計42床)で稼動しており、主に急性心筋梗塞を含んだ虚血性心疾患や慢性心不全、不整脈の症例をみています。
 最近は患者さんが高齢化しており、肺炎と心不全の合併など併存疾患も多く、他科と共に協力して加療しています。
 カテーテル検査での入院は2泊3日、治療は3泊4日を基準としてクリニカルパスを使用しています。

診断機器

心電図、エルゴメーター負荷心電図、Holter心電図、心臓超音波検査、経食道心臓超音波検査、四肢血圧、心臓カテーテル検査、64列冠動脈CT

診療実績(検査ならびに治療・件数)

年度
H19
H20
H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27
心臓カテーテル 155 181 241 275 273 261 225 238 251
経皮的冠動脈形成術     117 120 125 106 80 93 98
ペース
メーカー
一時ペーシング 13 8 2 6 3 14 12 17 8
恒久ペーシング 24 18 22 12 21 26 21 24 13
ジェネレーター交換 3 11 3 8 6 5 3 4 10
                   
心臓超音波検査 1544 1651 2094 1954 2067 1757 1650 1788 1988
経食道心臓超音波検査 4 4 1 8 1 2 1 0 0


▲ ページトップへ