神経内科

神経内科の関連の病気は非常に多く、主に脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。頭痛、めまい、意識がおかしい、手足に力が入らない、ふらふらして歩きにくい、手足がしびれる、物忘れ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、勝手に手足がふるえる、勝手に動くなどの症状がある方はまず神経内科を受診されると良いと思います。

具体的な疾患としては、主に脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血)、髄膜炎、脳炎、てんかん等の神経救急疾患に加え、パーキンソン病、認知症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、末梢神経障害、多発性硬化症、重症筋無力症、筋炎、頭位変換性めまい症といった様々な専門的疾患の診療を担当しております。神経救急疾患の患者さんに対して緊急に対応するため、当院では24時間365日救急患者受け入れ、常時検査受付が可能な態勢を敷いています。脳血管障害急性期の患者さんに対しては、迅速な検査、診断、治療を行う他、常駐しているPT(理学療法士)やOT(作業療法士)やST(言語療法士)による早期リハビリテーションを進めており、患者さんがスムーズに退院またはリハビリテーション病院に転院できるようにすることで、早期の家庭復帰、社会復帰を目指しています。その他の専門的疾患に対しても専門的な検査、診断、治療の他、常駐している医療相談員と連携して特定疾患申請、身体障害者申請等がスムーズに運ぶ様にサポートしています。

診療指針

脳血管障害、その他の神経疾患の急性期治療を行います。

  • Patients oriented medicine
    患者様の訴えを大事に診療を行います
  • Patients centered medicine
    患者様中心の診療を行います
  • Evidence based medicine
    医療根拠に基づいた診療を行います

スタッフ

■能勢 裕久(ノセ ヒロヒサ):主任部長
鹿児島大学 平成7年卒
[指導医・専門医・認定医]
・日本内科学会指導医
・日本神経学会神経内科指導医
・日本感染症学会指導医
・日本科学療法学会抗菌化学療法指導医
・日本プライマリケア連合学会指導医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本神経学会神経内科専門医
・日本感染症学会感染症専門医
・日本消化器病学会消化器病専門医
・日本内科学会認定内科医
・日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
・日本プライマリケア連合学会認定医
[所属学会]
・日本内科学会
・日本神経学会
・日本神経感染症学会
・日本認知症学会
・日本感染症学会
・日本化学療法学会
・日本環境感染学会
・日本消化器病学会
・日本肝臓学会
・日本プライマリケア連合学会
[その他]
・医学博士
・インフェクション・コントロール・ドクター(ICD)
・南九州感染症寺小屋代表世話人
■森山 宏遠(モリヤマ ヒロトウ):医長
鹿児島大学 平成16年卒
[専門医・認定医]
・日本神経学会神経内科専門医
・日本内科学会認定内科医
[所属学会]
・日本内科学会
・日本神経学会

主な診療内容

●頭痛
頭痛は最も多い症状の一つで誰でも一度は経験するものです。急に激しくおこる頭痛は、脳出血やくも膜下出血など危険な病気のこともあります。また、慢性的な肩こりが原因でおこる緊張型頭痛やズキズキする頭痛を発作的に繰り返す片頭痛などがあります。その他にもいろんな頭痛の原因があります。それぞれの原因ごとに治療法が違いますので、神経内科を受診する様にして下さい。

●もの忘れ
年を取ると誰でも物忘れをしますが、最近急激に悪化した方は脳梗塞やアルツハイマー病などの可能性があります。治る病気の可能性もありますので、神経内科を受診する様にして下さい。

●しびれ
手足がジンジンする様なしびれが持続する場合、脳の病気、脊髄の病気、末梢神経の病気などの可能性があります。診断のためにはいくつかの専門的な検査が必要な場合がありますので神経内科を受診する様にして下さい。

●めまい
めまいにもいろいろなめまいがあります。天井がぐるぐる回転するもの、左右にふらふらするものなどです。耳鼻科で治療を必要とする様な内耳の病気からくる場合や脳梗塞や脳腫瘍などの脳の病気からくるめまいもあります。神経内科を受診して危険なめまいかどうか診断する必要があります。

●勝手に手足が動く、震える
手足が震えたり、勝手に動いてしまう等の症状は神経の病気が考えられます。パーキンソン病や本態性振戦など治療可能な病気のことも多くみられます。原因は様々ですが神経内科では正確に診断し、それぞれにあった治療を行っております。

●手足に力が入らない
手足に力が入らない場合は、体の半身だけの場合は脳梗塞や脳出血など脳の病気のことがあります。ゆっくり進行する場合は筋肉や末梢神経の病気のことが多く、両手足に力が入らない場合は脊髄の病気のこともあります。早期に診断できれば後遺症が少なくてすむ場合が多く、はやめに神経内科を受診して頂ければと思います。

●ふらふらして歩きにくい、足がつっぱる
力は入るのだけどバランスがとれなくてまっすぐ歩けない、足がつっぱってスムーズに歩けないという様な時も神経の病気が考えられます。原因にもさまざまな物があり、いくつかの専門的な検査を行う必要がありますので神経内科を受診してみて下さい。

●むせこむ、しゃべりにくい、飲み込みにくい
年を取るとものを食べたり、飲んだりしたときに気管に入ってしまい咳き込んでしまうことがあります。この様なむせこみがよくある様な場合はのどの動きが悪くなっていると考えられ、脳梗塞やパーキンソン病などの神経の病気が原因となっていることがあります。この場合も専門的な診察と検査が必要ですので、神経内科に御相談下さい。

●ものが二重に見える
片目ではぼやけないが両目で見ると二重に見えるという場合は眼科の病気以外に神経の病気が原因のことも多い様です。この様な場合も神経内科を受診して専門的な診察を受けてみて下さい。

●意識が悪い
急に意識が無くなった、なんとなく様子がおかしい、起こしてもすぐに寝てしまってなかなか起きない等の症状は緊急を要することが多いです。脳自体の病気のことや、心臓の病気のこともあります。この症状は急を要しますので当病院の様に神経内科、脳外科、循環器内科がそろった病院をすぐに受診することをおすすめします。

入院患者件数の内訳

H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27
脳血管障害 231 306 212 171 172 152 189 158 172
神経感染症(髄膜炎、肺炎など) 56 66 51 35 20 16 7 13 6
てんかん(原発性、症候性) 29 33 21 16 21 15 18 7 13
免疫関連性中枢神経疾患 14 9 7 4 1 0 6 1 2
パーキンソン関連疾患 8 8 2 7 5 7 6 4 2
多系統萎縮症 4 4 0 1 0 2 0 0 0
脊髄小脳変性症 2 4 2 4 2 0 1 0 0
筋萎縮性側索硬化症 3 3 5 1 1 5 9 2 5
ギラン・バレー症候群 など 1 3 3 3 5 3 5 2 3
その他 98 90 80 53 53 38 54 46 68
合計 446 526 383 295 280 238 295 233 271


▲ ページトップへ