私たち薬剤師は、「薬の専門家」として、お薬がより適正に使用されることを心がけ、他の医療従事者とも協働することで連携して薬物療法の向上に努めています。

調剤(内服薬・外用薬・注射薬)

医師の処方箋をもとに、患者さんに使用される薬を調剤しています。調剤前には過去の処方履歴も確認し、量・使用する間隔・薬の飲みやすさ・飲み合わせなどをチェックします。疑義があれば医師に照会した後に調剤します。
また、注射薬の調剤では複数の薬が同時に処方されることがあります。そのため混合時の配合変化(化学変化)・光への安定性・溶かした後の安定性・相互作用などさまざまな確認を行います。医師や看護師には、これら注射剤の適切で安全な使い方を情報提供しています。


院外処方箋の発行

外来診察時、医師が院外処方箋を発行します。当院の薬剤師が処方箋の内容等を確認したのちに交付いたします。外来待合室に川内薬剤師会の「院外処方せん相談コーナー」を設けています。できる限り「かかりつけ薬局」をお決めになって、そちらをご利用ください。特に複数の医療機関をご利用の方の場合、「かかりつけ薬局」を利用することで、お薬の重複や飲み合わせ等で起こる問題などを未然に防ぐことができます。


医薬品情報管理と情報提供業務

お薬の情報は膨大で、しかも日々更新されています。当院では、医薬品データベースより種々の情報を検索できるシステムを導入し、お薬の有効性や安全性、その他お薬に関するさまざまな情報を収集・管理しています。これらの情報を医師、看護師他医療スタッフや患者さんへ提供し、安全でかつ適正な薬物治療に貢献できるよう努力しています。

入院患者さんの薬歴管理と病棟服薬指導

当院では各病棟に担当の薬剤師を配置しています。患者さんやご家族へ注射薬や服薬の説明(薬効、副作用、使用上の注意など)をいたします。できるだけ分かりやすく、そして患者さんの病状に沿った説明を心がけて行っています。
また、病棟カンファレンスや回診にも参加し、医師・看護師などの病棟スタッフへのお薬に関する情報提供を行っています。


薬物血中濃度解析

薬物血中濃度解析とは、患者さんの血液中の薬の濃度から、一人ひとりに適したお薬の量や使用間隔を算出することをいいます。一部の抗生剤や抗てんかん剤、循環器用剤など治療域の狭いお薬(少しの量の違いで副作用が出たり、逆に効かなくなったりする薬)が対象となります。当院では解析結果を医師へ提案することで、お薬の安全で適正な使用と、病気の早期回復に取り組んでいます。


抗がん剤の無菌調製

抗がん剤は、無菌調剤室内で調整しています。
また、使用される抗がん剤の量、治療日程の間隔、点滴速度等の細かいチェックを行ない、必要に応じて医師と協議するなど、安全で適切な抗がん剤治療に貢献しています。


チーム医療への参入

現在の医療では、多くの職種が互いにコミュニケーションを取りながらそれぞれの専門性を発揮することが、医療の質を高めるといわれています。薬剤師もチーム医療の一員として各診療科の回診、カンファレンス、栄養サポートチーム回診、褥瘡回診などに関わり診療の質の向上に努めています。

地域の医療機関や保険薬局との連携

地域医療支援病院の薬剤部門として地域医師会や地域薬剤会とも連携し、川薩医療圏の皆様の健康維持に少しでもお役に立てるよう努力しています。


▲ ページトップへ