看護部

看護部長あいさつ 看護部 体制 スペシャリストのご紹介
部署紹介 現任教育 新人教育
活動紹介 医療安全管理室  
インターンシップのご案内 インターンシップ申込書

看護部長あいさつ

当院は川薩の地域医療支援病院として24時間二次救急医療体制を整え、地域の皆様に安心で安全な医療を提供する役割を担っています。

新年度の看護部テーマは、理念に基づき「信頼され感動を分かち合える看護」と致しました。そこには、一人一人を尊重し、より添い、心に届くケアを実践するという想いが込められております。また、互いを尊重し補完し合う看護の充実を目指してPNS看護方式を導入しています。相手を尊重する為には自らも尊重されていると感じられることが大切であり、院内教育やチャレンジ制度等個々のキャリアアップのための支援体制も構築しております。

厚生労働省により義務化された新人看護職員教育体制も教育指導担当師長を中心に基盤整備し、地域医療機関からの参加も受け入れてきました。また、新人看護師は各分野のローテーション教育体制をとっておりますが、過去7年間新人の離職は一人もなくこの教育体制で大切に育成させていただいている効果だと自負しています。更に看護の質を高める為には各分野の専門性の向上が必要であり、すでに感染管理・がん化学療法・緩和ケア・糖尿病・集中ケア・脳卒中リハビリテーション等認定看護師が組織横断的に活躍できる環境を整えて患者さん一人一人のケアに生かされるように人材育成に努めています。そしてチーム医療の中での看護師には患者さんやご家族のアドボケートとしてチーム間連携の要となる役割があると思います。常に病気や障害を持ちながら生活される方々と同じ方向を目指して、地域との医療連携の充実に努めたいと考えております。

また、当院ではワークライフバランスを推進し、現在24歳〜34歳の看護師が60%を占める中で正職員短時間勤務制度や24時間保育等子育て支援体制が充実しており、活用されています。保育園も65名迄園児の受け入れが可能で職員の子供さん以外も入園できるしくみになっております。充実した設備と支援で安心して働ける職場環境を整えています。

市民の皆様にも職員にも、この病院で良かったと思っていただけるようにロイヤリティーを高め、地域に選ばれるベストホスピタルを目指して参ります。


看護部長 久々湊 智予

看護部 体制

●理念
私たちは,川内市医師会立市民病院の職員としての責任を自覚し,常に地域住民のニーズに応えられる質の高い看護を提供します

●方針

  1. 心のこもった看護サービスの提供
      ①相手の人権を尊重し、心を聴き、接遇に努める
      ②看護の本質を追究し、科学的・創造的かつ主体性のある看護を目指す
  2. 看護業務の改善と推進
      ①安全性・経済性の視点に立ち、業務改善に努める
  3. 教育的環境の向上
      ①専門職業人として自律した看護を実践できる人材を育成する
      ②変動する社会に対応し、地域医療に貢献できる人材を育成する
  4. チーム医療の充実
      ①看護部の責任と役割を自覚し、他職種と連携して組織目標達成に貢献する

●テーマ
平成28年度
信頼され感動を分かち合える看護

●看護体制
・入院基本料:7対1 ・HCU:4対1
・勤務体制:変則2交代制
 日勤8:30〜17:00/夜勤16:00〜9:00(3〜4人夜勤)
・看護方式:パートナーシップナーシングシステム(PNS)


スペシャリストのご紹介

看護部ではスペシャリストが次々と誕生し、病院全体のチーム医療に貢献しています。
さらなる医療の質の向上を目指して参ります。

●感染管理認定看護師


医療安全管理室
中野智子

専従の感染管理担当者として、患者さんやご家族、医療従事者など病院に関わる全ての人々を院内感染から守るために、ICT(感染対策チーム)と協力し様々な活動を行っています。

<活動>

  • 病院内でどのような感染症がどの程度起こっているのかを調査するサーベイランス
  • 職員を対象に感染症を予防するための知識、技術を教育する活動
  • 感染症対応
  • コンサルテーション(院内、地域の医療・介護施設など)
  • 院内感染対策マニュアルの整備など

<今後の目標>
サーベイランス結果に基づく現状の改善、医療関連感染を低減させること。
質の高いエビデンスに基づいた感染対策の推進、教育活動に力を入れていく。
現場のスタッフの声を大切にし、共に考え支援していくことを大切にする。

●感染管理認定看護師


手術室
長倉周作

感染管理認定看護師は「患者さんやご家族などすべての人を医療関連感染から守る」という使命があります。近年次々に報告される各種の多剤耐性菌やインフルエンザ・ノロウイルスといった流行性疾患などをはじめ、さまざまな感染のリスクを低減するために活動を行っています。目に見えない細菌やウイルス、そしてさまざまな人の考えが相手になります。目に見えないことは難しいですが、より良い医療環境を提供できるよう「わかりやすい・親しみやすい感染対策」をモットーに、さまざまな人の考えを大切に、日々取り組んでいます。

●糖尿病認定看護師


地域包括ケア病棟 
濱田知美

平成26年1月、糖尿病ケアサポートチームを立ち上げました。糖尿病ケアサポートチームでは医療者が糖尿病患者さんへ療養指導する際のポイントや指導時の困り事へのアドバイスをしています。また糖尿病教室も年に2〜3回実施しており、患者さんに楽しんでいただいています。今後、看護相談(糖尿病看護外来)やフットケア外来を立ち上げていきたいと思っています。

●脳卒中リハビリテーション認定看護師


4階西病棟
福永香

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割として

  • 脳卒中患者の重篤化を予防するためのモニタリングとケア
  • 活動性維持・促進のための早期リハビリテーション
  • 急性期・回復期・維持期における一貫した生活再構築のためのプロセス管理と機能回復支援

などがあります。
脳卒中の患者さんは、病態を把握し早期からのリハビリテーションが必要となります。医師やセラピストなど他職種と連携しながら、障害を抱えても「自分らしく」生活できるよう支援していきたいと考え日々活動しています。

<活動内容>

  • 病棟での看護実践、指導
  • 脳神経外科回診への同行、神経内科カンファレンスへの参加
  • 口腔ケア回診
  • 脳卒中リハビリテーション看護研修

病院内・外のたくさんの方々に協力をいただきながら、患者さん・ご家族が障害を抱えながらも笑顔で自分らしく生活できるよう支援していきたいと考えています。

●がん化学療法看護認定看護師


外来
田幸蔵

私は抗がん剤治療を選択された患者の支援に携わっています。抗がん剤の治療中に起こる副作用を軽減できるように、多職種と連携をはかり患者さんを支えていきたいと日々努力をしています。
抗がん剤は日々進歩し、新しい治療薬が増えており、抗がん剤の安全な取り扱いと、確実な投与管理を目指し看護師の教育にも力を入れています。抗がん剤の作用、副作用について、また日常生活で困った事があるときは、お気軽に相談ください。


部署紹介

●外来
当院は、二次救急指定病院として、24時間救急患者に対応できる体制をとっています。ママさん看護師の多い職場ではありますが、家庭と仕事を両立しながら互いに協力し合い、地域の患者さんのために前向きに取り組んでいます。コンシェル課から常時2名配置しており、患者さんのご案内を行っています。待ち時間が少なくなるよう努めていますが、患者さんの容態によって順序が変わることもありますのでご理解ください。


●手術室
整形外科・外科・脳外科の3つの科で24時間365日手術を受け入れており、安心・安全に手術が行われるよう日々努力しています。
年間約1200件の手術を行っています。そのうち2割が緊急手術のため、忙しさが予測できない状況ではありますが、ここぞという場面では、一致団結する素晴らしいチームワークを誇っています。手術件数は、整形外科は年間約700〜800件、外科は年間約300件。脳外科は年間約140〜150件で、7〜8割が緊急手術です。


●3階東病棟(43床) 整形外科・神経内科
3階東病棟は神経内科・整形外科病棟で手術、検査を受ける患者さんが入院しています。神経内科では、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害や神経変性疾患、整形外科では大腿骨近位部骨折や、股関節、膝関節など人工関節手術を受けられる患者さんの支援を医師、看護師、理学療法士などと共に患者さんの気持ちを大切にチームで支援しています。


●4階西病棟(43床) 外科・消化器内科・脳神経外科
外科・消化器内科は、手術・検査・化学療法を受ける患者さんが入院しています。また、悪性疾患も多く、終末期を迎える方も少なくありませんが、自分たちに出来る看護を一生懸命考え日々努力しています。
脳神経外科は、緊急手術・緊急入院の占める比率が高いです。社会復帰・自宅退院を目指し、他職種と連携をはかり、取り組んでいます。スタッフ一同チームワークを大切にし、寄り添える看護を目指しています。


●4階東病棟(42床) 循環器内科・呼吸器内科・放射線科
当病棟は、循環器内科・呼吸器内科・放射線科の病棟です。急性期から慢性期・終末期に至る幅広い看護ケアを提供しています。
また、高度医療機器を取り扱うなど、エキスパートナースとしてキャリアアップを図るスタッフと共に、子育てと仕事と両立していくために、短時間勤務のスタッフもやりがいを持って元気いっぱい働いています。各診療科でのカンファレンスも充実し、患者さん中心の看護の提供とワークライフバランスを推進し、職員がイキイキと働きやすい病棟を目指しています。


●地域包括ケア病棟(42床)
平成26年10月に新設した病棟です。急性医療を脱し、在宅復帰を目指す患者さんの訓練やリハビリをサポートします。また長期にわたる在宅療養を継続していくためのサポートも行います。地域連携に不慣れな私たちですが、愛情を持って患者さん・ご家族と向き合っていきたいと思います。


●回復期リハビリテーション病棟(44床) リハビリテーション科
命の危機を脱してもまだ医学的・心理的サポートが必要な時期の患者さんを対象に受け入れ、自然回復を促す環境をつくり、多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で在宅や社会へ復帰する事を目的とした病棟です。この目標を達成するために、医師・看護師・作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・相談員・栄養士が連携・協働し、患者さん・家族の思いを確認しながら回復に向けたサポートを行っていきます。
転入翌日に看護師・セラピスト・ソーシャルワーカー間でカンファレンスをし、スケジュールを立てます。目標を達成できるようにそれぞれがベストを尽くし、病前レベル・在宅復帰を目指します。退院支援は、看護師が他職種間でリーダーシップをとりながら行います。患者さんが自律した生活を送れるように、帰る場所を確認したり地域施設との連携を細やかに取れるようにします。


現任教育

スタッフ一人ひとりの経験年数に合わせ、クリニカルラダーによるキャリア開発に向けた教育を行っています

●看護部教育委員会方針
地域の人々に質の高い看護を提供するために、看護職員の臨床能力および個々が看護の専門性を追求し、専門職としての責任と自覚を高められる研修の企画・運営を行う

●教育目的
全ての看護師が看護の対象に安全で安心と納得の出来る看護を継続して提供できるために、専門職に必要な知識・技術を身につけ、人間豊かなチーム医療を提供する

●平成28年度 教育テーマ
『自主性・自律性の向上を図り、キャリアデザインを描ける』

集合研修とあわせて、H27年度よりe-ラーニング研修を導入しました。ラダーレベルにそった研修内容をライフスタイルにあわせて受講し、自己研鑚を行います。

研修名 研修内容
レベルT スターティング
(新人)
詳しくはここをクリックして下さい。
レベルU ウォーキング
(2年目)
・メンバーシップ
・プリセプターの役割
・ケーススタディ
ランニング
(3年目)
・リーダーシップ
・ケーススタディ
レベルV ホップ
(4年目)
看護研究の基礎Ⅰ〜Ⅳ
・看護研究の考え方と研究目的の設定の仕方
・文献検索・文献検討・クリティーク
・研究方法・データ処理
・看護研究の倫理
・論文の作成
ステップ・ジャンプ
(5年目〜6年目)
・看護研究の実際
・看護研究発表会
レベルW キャリア
(7年〜10年目)
・看護管理の視点、目標管理
・専門研修受講
・学会などへの自主参加
・伝達研修の実施
・研修計画書の作成および実施・評価
レベルX キャリア
(10年以上)
ランニングⅡ
(准看護師)
・院外研修に参加
・フィジカルアセスメント
アシスタントナース
(介護福祉士・看護助手)
・基本的な看護補助業務
・バイタルサイン
・フィジカルアセスメント
・医療安全研修
・患者家族対応

この他にも講演会・院内看護研究発表、看護管理者研修・プリセプター・エルダー研修を行っています。


新人教育

●新人看護師研修制度について
当院は川薩地域の地域医療支援病院として24時間2次救急医療体制を整え,地域の皆様に安心で安全な医療を提供する役割を担っています。
そのため急性期病棟では、主となる診療科以外の患者さんの入院も受け入れている状況にあります。そこで幅広い知識や判断力を養うために平成19年度から開始したローテーションによる新人研修制度も毎年改善を加えながら実施しています。
急性期病棟(外科・整形外科・呼吸器科・循環器科・放射線科・脳神経外科・神経内科)、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、手術室、外来を4週間ごとにローテーションします。
研修は、看護技術演習などの集合研修と各部署での看護実践とを組み合わせて行います。各部署にはプリセプターやエルダーなど先輩看護師が、1人1人の新人看護師の状況に合わせて支援しています。仕事の面だけではなく、よき相談相手として精神面でもサポートします。
夜勤は2交替制で、開始時期は5月末からですが研修生として入ります。新人看護師がプラスされ、4人での夜勤となります。夜勤の独り立ちは1月下旬から2月上旬です。
配属先は、ローテーションした上で、自分で取り組んでみたい看護、勤務したい部署を選択し、その意向にそって配属先を決定します。
この研修期間中に、新人看護師は専門職業人として必要な基本姿勢と態度を学び、基本的な実践能力を習得し、プリセプターやエルダーは、新人看護師を支援することで共に成長していきます。

平成21年7月の保健師助産師看護師法及び看護師等の人材確保の促進に関する法律の改正により、平成22年4月1日から新たに業務に従事する看護職員の臨床研修等が努力義務となったことをふまえ、指導体制や研修内容のさらなる充実をはかり、他医療機関からの新人看護師の受講も受け入れています。

●平成28年度 研修スケジュール

新人オリエンテーション
新人職員一泊研修
患者体験
新人オリエンテーション 組織の概要・安全管理・感染管理・接遇マナー・看護技術演習:採血・輸液管理・与薬・排泄援助・救急蘇生法など。臨床に出る前の不安を少しでも和らげるように当院の看護手順マニュアル等にそって演習をおこないます。
新人職員一泊研修 教育ゲーム、グループワーク(事例検討)、ウォークラリーなどの野外活動や、座談会、体験学習などプリセプターが企画、運営を行います。集団生活を通して協調性を養いながら、新人や先輩看護師の親睦を深め、自然に囲まれた環境の中でリフレッシュできるプログラムになっています。
SP(模擬患者)対応 一般市民お二人に模擬患者になって頂き、実際に対応しフィードバックをもらうことで、看護者としての対応方法を学びます。
患者体験 設定された患者になりきり、実際に病棟に一泊入院します。
(荷重不可で車イス移動、利き手側半身麻痺、減塩食摂取など)
ナラティブ発表 心に残っている看護場面を物語として書き、その時の自分の心の動きや行動、それによる相手の反応など振り返り、看護観を深めます
まとめ 1年間の反省と今後の課題発表を行います

活動紹介

●委員会活動

教育委員会 現任教育・学生指導などに関する企画・立案・実践を行っています。
業務委員会 「業務基準・手順」「看護記録」「看護業務」の三つの部会に於いてより質の高い看護の提供を目指して企画・起案・実践を行っています
カトレア会 職員の保健福祉・レクリエーション、文化、教養に関する活動を行っています
院内委員会への参加 NST委員会(褥瘡対策部会・SST部会)、がん関連委員会(緩和ケア部会・化学療法部会)、サービス向上委員会・クリニカルパス委員会 その他

●その他

ふれあい看護体験 中学生・高校生・一般の職場体験も受け入れています
看護部ひまわり新聞 2ヶ月毎に発行している当院の看護部新聞です。
●ひまわり 創刊号(PDF:8.8MB)
●ひまわり Vol.2(PDF:6.6MB)
●ひまわり Vol.3(PDF:16.8MB)
●ひまわり Vol.4(PDF:21.5MB)
●ひまわり Vol.5(PDF:12MB)
●ひまわり Vol.6(PDF:18.3MB)
●ひまわり Vol.7(PDF:18.4MB)
●ひまわり Vol.8(PDF:9.2MB)
●ひまわり Vol.9(PDF:12.8MB)
●ひまわり Vol.10(PDF:14.2MB)
●ひまわり Vol.11(PDF:10.8MB)
●ひまわり Vol.12(PDF:19.9MB)
●ひまわり Vol.13(PDF:15.4MB)
●ひまわり Vol.14(PDF:11.2MB)
●ひまわり Vol.15(PDF:19.5MB)
●ひまわり Vol.16(PDF:50.5MB)
●ひまわり Vol.17(PDF:36.3MB)
●ひまわり Vol.18(PDF:19MB)
●ひまわり Vol.19(PDF:20.2MB)
●ひまわり Vol.20(PDF:61.1MB)
●ひまわり Vol.21(PDF:90.6MB)
●ひまわり Vol.22(PDF:46.5MB)
●ひまわり Vol.23(PDF:41MB)
●ひまわり Vol.24(PDF:15.6MB)
●ひまわり Vol.25(PDF:9.6MB)
●ひまわり Vol.26(PDF:11.4MB)
●ひまわり Vol.27(PDF:9.4MB)
●ひまわり Vol.28(PDF:16.1MB)
●ひまわり Vol.29(PDF:24.3MB)
●ひまわり Vol.30(PDF:19MB)
●ひまわり Vol.31(PDF:12.4MB)
●ひまわり Vol.32(PDF:18.8MB)
●ひまわり Vol.33(PDF:10.7MB)
●ひまわり Vol.34(PDF:11.7MB)
●ひまわり Vol.35(PDF:5MB)
●ひまわり Vol.36(PDF:4.7MB)
●ひまわり Vol.37(PDF:3.4MB)
●ひまわり Vol.38(PDF:10MB)
●ひまわり Vol.39(PDF:3.1MB)
●ひまわり Vol.40(PDF:7.5MB)
●ひまわり Vol.41(PDF:4MB)
●ひまわり Vol.42(PDF:10.6MB)
●ひまわり Vol.43(PDF:5.1MB)
●ひまわり Vol.44(PDF:5.9MB)
●ひまわり Vol.45(PDF:9.5MB)
●ひまわり Vol.46(PDF:6.5MB)
●ひまわり Vol.47(PDF:5.2MB)
●ひまわり Vol.48(PDF:8.9MB)
●ひまわり Vol.49(PDF:28.6MB)
●ひまわり Vol.50(PDF:1.2MB)

医療安全管理室

病院全体の部門の壁を越えて、医療の質の向上、安全確保の為の必要な決定を行い、これを確実に実行し、現場各部門においても積極的な取り組みが行われるよう支援します。さらに、病院全体の取り組みと現場の取り組みとが有機的に連携を図れるよう、活動を通じて医療事故の防止・医療の安全性・医療の質の向上に実績を上げることを目的として活動しています。
又、地域病院・施設との連携を図り、地域の医療安全対策の質の向上と対策の充実が図れる様、情報提供も行っています。

●メンバー構成

●患者サポートセンター
医療安全等による相談を受けております。
1階待合室横に患者サポートセンターを設けております。お気軽にご相談下さい。