診療指針

当科では主に消化器疾患における手術を中心として、脈管系、呼吸器系、ならびに乳腺、内分泌系に関する手術まで幅広く行っています。できるだけ地域での治療ができるように心がけておりますが、専門性が細分化されてきており、当院で対応出来ない部分もあり、他病院と連携をとりながら患者さんに応じた治療に取り組んでおります。また近年は、がん疾患も増えてきており、手術から化学療法(抗がん剤治療)、緩和治療といった一連での治療も行っております。

診療内容

基本的に外来で術前の検査を進め、手術前後の入院期間をなるべく短縮するようにしています。術前・術後の経過は、原則として、あらかじめ決められたスケジュールである、クリニカル・パスにのっとって進行します。

外来診療案内

月・水・金の午前中に外来診療を行っており、原則紹介制・予約制です。
尚、急患に関してはこの限りではありません。
診察日・担当医師一覧

主な疾患

胃がん、大腸がん

粘膜よりがんが発生し、どんどん増大し、周囲へ広がったり、血液やリンパ等の流れにのって全身に広がってしまう病気です。増大や広がりによって出血や閉塞等の様々な症状を起こしてしまいます。基本的には、早期発見早期治療が原則で、ガイドラインを基本として、患者に沿った治療を組み立てております。
腹腔鏡手術も積極的に導入し、切除可能なものに対しては手術を行っております。また切除不能なものや、再発した悪性腫瘍に対しては、抗がん剤による化学療法を行っています。
抗がん剤治療は継続が必要であり、なるべく日常生活の質を落とさないように、最近は外来化学療法も導入しており、できるだけ安静を保てる環境の中で行うようにしています。

胆のう結石症(胆のう炎)

胆のうは肝臓の下にくっついている袋状の臓器で胆汁をたくわえております。袋の中の胆汁の一部がかたまって結石ができ、それに伴い、痛みや炎症を起こす病気です。胆のう炎が強い場合は緊急で治療が必要な場合もあります。治療は、胆のうを石も含めて切除を行う腹腔鏡を用いて手術していますが、翌日から経口摂取ができ、術後4日くらいで退院が可能です。

虫垂炎

大腸と小腸のつなぎ目近くに、虫垂という、大腸(盲腸)と連続する細長い袋があり、その袋が炎症を起こすことで、痛みが起こります。治療は、基本的にまず絶飲食、抗生物質などによる保存的治療を行い、炎症がひどい場合や、複数回繰り返す症例に対しては手術(虫垂切除)を行っています。手術は腹腔鏡を用いてなるべく創が小さくできるように心がけております。また炎症が強い場合は炎症を治めてから、待機的な手術も行っております。合併症等なければ、術後4-5日くらいで退院となります。

鼠径ヘルニア

足の付け根の部分(鼠径部)の腹壁の弱い部分があり、お腹の中の臓器が飛び出してくる病気です。治療は飛び出したものをお腹の中へ戻し、腹壁の弱い部分の修復補強が必要で手術が必要です。手術は、前方アプローチや腹腔鏡での手術を行っており、合併症等なければ4-5日の入院での治療ができます。

呼吸器疾患

肺癌に対しては基本的には呼吸器内科と連携し、治療を行っております。手術に関しては、呼吸器外科(非常勤)と相談し、大学病院等で行っております。当院でも対応可能な症例に関しては、呼吸器外科指導の下に手術行っております。
気胸(ブラ)を含む肺の良性疾患に対しては、胸に小さな穴を開け、これらを摘出する胸腔鏡下手術を行っており、術後3-4日で退院可能です。
その他、胸腺腫を中心とした縦隔腫瘍の切除も、小切開により行い、侵襲を小さくして患者さんの負担にならないように取り組んでおります。

動脈・静脈系疾患

以前は腹部大動脈瘤に対しては、腹腔内の瘤となった大動脈を人工血管に置き換える手術を行っておりましたが、血管外科医が非常勤となり、手術が難しくなっております。

動脈が詰まる病気に対しては、急性の場合は血栓・塞栓摘出術、血栓を溶かす治療を中心に取り組んでいます。また、慢性閉塞の場合は、最近では循環器科や放射線科とタイアップして、詰まった血管にステント入れ、これを開存させることも行っています。また人工血管を用いたバイパス術もおこなっております。

静脈系では下肢の静脈瘤の抜去術を行っており、長年苦しんできた患者さんには割りと好評なようです。また、下肢が腫れる疾患はリンパ系、静脈系などがありますが、基本的に、保存的治療を1週間程度の入院で行い、多くは改善しているようです。

乳癌、甲状腺腫瘍 その他

乳癌に対しては、乳房温存術式を基本的にめざし、進行したものに対しては術前化学療法、術後化学療法・ホルモン療法なども取り入れています。
甲状腺に関しては、針生検から切除生検、根治的手術から抗がん剤治療も行っております。

スタッフ

石部 良平(イシベ リョウヘイ) 院長

[指導医・専門医・認定医]

  • 日本外科学会指導医
  • 日本消化器外科学会指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定指導医
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医
  • 日本医師会認定産業医

[所属学会]

  • 日本胸部外科学会
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本腹部救急学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会

中薗 俊博(ナカゾノ トシヒロ) 主任部長

鹿児島大学 平成14年卒

[専門医]

  • 日本外科学会外科専門医

[所属学会]

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本内視鏡外科学会

寺園 和哉(テラゾノ カズヤ)

鹿児島大学 平成24年卒

[専門医]

  • 日本外科学会外科専門医

[所属学会]

  • 日本外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本血管外科学会

[その他]

  • 腹部大動脈瘤ステンドグラフト実施医

安村 拓人(ヤスムラ ヒロト)

大分大学 平成26年卒

[所属学会]

  • 日本外科学会
  • 日本臨床外科学会

土持 雅昭(ツチモチ マサアキ)

福岡大学 平成6年卒

[専門医]

  • 日本外科学会外科専門医

[所属学会]

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会

濵田 聡(ハマダ サトシ)

東邦大学 平成5年卒

[専門医・認定医]

  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本脈管学会脈管専門医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 日本血管外科学会血管内治療認定医

[所属学会]

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本救急医学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本脈管学会
  • 日本血管内治療学会
  • 日本静脈学会

[その他]

  • 腹部大動脈瘤ステンドグラフト実施医
  • 浅大腿動脈ステンドグラフト実施医

診療実績

年度 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
甲状腺 6 4 7 5 8 5 4 7 3 9
乳腺 2 8 5 6 4 2 5 5 19 9
胸部 19 11 11 17 14 9 10 20 21 21
胃・十二指腸 37 28 25 29 25 55 37 54 48 48
小腸・大腸 76 89 86 103 93 90 76 108 212 326
肝・胆・膵・脾 60 47 72 45 59 55 45 71 74 113
血管 24 17 12 17 41 39 45 31 19 11
ヘルニア 41 34 34 26 16 13 25 39 30 35

(その他を含む)
265 238 252 248 260 328 301 404 501 623